敏感肌化粧品の選び方ガイド

敏感肌化粧品の選び方

大人の敏感肌化粧品の選び方についてまとめています。敏感肌に悩む方の、化粧品選びのお役立ち情報を紹介します!

敏感肌化粧品の選び方のポイント

ポイント❶ 低刺激性

健康な肌の人にとっては何ともなくても、敏感肌や肌荒れしやすい人にとっては刺激になってしまう成分も少なくありません。

敏感肌の方は『低刺激性』『敏感肌用』という記載のある化粧品を選びましょう

アレルギーのある人は、成分を必ずチェックして対象成分を避けて選ばなくてはなりません。皮膚科ではアレルギー検査をしてくれますから、アレルギーの疑いがある場合は、病院で検査することをおすすめします。

 

ポイント❷ 肌荒れを防いでくれる成分配合

肌荒れしている場合は、肌荒れを防いでくれる成分が配合されている化粧品を選ぶといいですね。

特に『薬用(医薬部外品)』で「肌荒れ防止成分」、「抗炎症成分」と記載されている化粧品は、肌荒れ防止成分が高配合ということです。

肌荒れ中や予防的に使いたい場合は、薬用を選ぶといいですね。敏感肌さんは、配合されているかどうかをチェックしましょう。

抗炎症成分は、色々な種類がありますが主なものをあげておきます。

  • グリチルリチン酸2K
  • トラネキサム酸
  • グリチルレチン酸ステアリル
  • カンゾウ根エキス
  • アラントイン
  • ヨクイニンエキス

 

ポイント❸ バリア機能を補ってくれる成分配合

肌にはバリア機能というしくみがあって、このバリア機能が肌を守ってくれています。

 バリア機能とは、角質層から水分が蒸発するのを防いだり、外部からの刺激物の侵入を防ぐしくみです。

引用元:化粧品成分表示の読み方手帳  

ところが、肌荒れしやすい人や敏感肌は、バリア機能が低下している状態なのです。

 NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質、皮脂などでしっかりと水が体外にでないようにできていますが、そのどれかの条件が満たされていないと、水分は外にでてしまいます。また、バリア機能がなくなってくると異物が侵入しやすくなってきます。

引用元:美肌の科学

バリア機能が低下してしまうと、肌は乾燥したり外部から刺激などの異物が侵入しやすくなってしまいます。

肌のバリア機能の乱れ
バリア機能が低下すると肌はこうなる!

・肌の水分が逃げてしまう ⇨ 肌が乾燥

・外部刺激が肌に侵入しやすくなる ⇨ 肌が刺激を感じる

そこで、バリア機能を補ってくれる成分が配合されている化粧品を使うことで、肌を健やかに保つことができるようになります。

バリア機能を補う成分

バリア機能を補う成分はたったこれだけ!…セラミド・アミノ酸

特に保湿力が高くバリア機能をより高めてくれる成分は『セラミド』。

セラミドはいくつ種類があるのですが、高保湿なセラミドは『ヒト型セラミド』といいます。

敏感肌さんはこのヒト型セラミドを狙って購入しましょう!成分表示には、セラミド○○と表記されていますので、確認してください。

当サイトではヒト型セラミドについて詳しく解説していますので、そちらもご覧ください。

 

以上、敏感肌化粧品の選び方のポイントでした!

ポイントはたった3つ。この条件を満たす化粧品の中から自由に選ぶことができます。

次はいよいよ、敏感肌化粧品のラインナップの紹介です。

敏感肌用といっても、実はたくさん種類があるので、肌悩みにあった化粧品を選ぶことができますよ。

敏感肌用化粧品一覧

敏感肌用化粧品は、近年とても種類が増えてきたので、化粧品を選ぶ時に迷ってしまいますよね。

そこで、敏感肌用化粧品の特徴をまとめました!

敏感肌用化粧品は、化粧品と薬用化粧品に分けています。

肌荒れしている場合やアレルギーがある場合は、薬用で肌荒れ防止成分が有効成分になっているスキンケアがいいですね。肌が比較的安定している場合は、一般化粧品でも。肌悩みに合わせて選んでくださいね。

一般化粧品
化粧品 肌荒れ防止成分 バリア機能を補う成分 特徴
ディセンシア ストレスに対応、糖化対応、ヒト型セラミド配合で高保湿
ヒフミド 全アイテムにヒト型セラミドを高配合
ヴァントルテ ヒト型セラミドとボタニカル成分で敏感肌のエイジングケア
シグナリフト 再生医療の技術を美容に活かしたスキンケア。敏感肌のために開発。
エトヴォス ヒト型セラミド数種類配合
ビオメディ 肌常在菌でバリア機能を強化することに着目した敏感肌ケア
ミノンアミノモイスト アミノ酸で肌を穏やかに保湿
薬用化粧品
薬用化粧品 肌荒れ防止有効成分 バリア機能を補う 特徴
キュレル アラントイン 疑似セラミド やさしい保湿力。エイジングラインあり。
dプログラム グリチルリチン酸2K・トラネキサム酸 肌を健やかに整えて潤いで満たす。長時間潤いが持続するしくみのスキンケア。
ノブ グリチルリチン酸2K 天然セラミド・アミノ酸 バリア機能を補う成分と高保湿成分が配合されて、化粧水のうるおい感は美容液級。
アルージェ グリチルリチン酸2K・ε-アミノカプロン酸 天然セラミド 再生医療の技術を美容に活かしたスキンケア。敏感肌のために開発。
カルテクリニティ グリチルリチン酸2K 肌コレステロール おだやかな保湿力。外部刺激を跳ね返す美容液がおすすめ。

※当サイトで実際に使った敏感肌用化粧品のうち、トータルでおすすめのスキンケアのみ紹介しています。敏感肌化粧品を使い次第レビューしますので、今後も追加予定です!

敏感肌の洗顔料に関しては、別記事で紹介しています。こちらをご覧ください!

初めて使う敏感肌用化粧品は、じっくり肌チェックしてから購入すること

新しく購入した化粧品は、すぐに使いたくなりますが慎重にチェックしましょう。

肌をチェックする場合は、最低でも3日間以上は使い続けましょう

敏感肌用と書かれている化粧品でも、肌には相性があるのであわないものが結構あります。現品購入の前に、お試しセットで試してから肌にあうものを購入すると安心です。

店頭で、1度手にのせたからといって、肌にあうかどうかはわからないものです。できれば、お試しセットでじっくり使ってみることをおすすめします。

お試しセットのメリット

❶肌に合うかどうかしっかりチェックできる

お得な価格で試すことができる

 

チェックする時は、1アイテムずつ変えていきます

全てのアイテムには、配合されている成分が違うものです。どれが合わないかがわかるので、必ず1アイテムずつチェックしましょう。

 

お得に試せる敏感肌用化粧品のお試しセットを使ったときの記事を紹介します(パネルをクリックすると、当サイト内のレビューページが開きます)。

敏感肌用化粧品のお試しセットは、使用期間が長くなっています。肌チェックが十分できる期間です。

まとめ

敏感肌化粧品の選び方を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ご自分の肌にあった化粧品は見つかりましたか?

当サイト『キレイノチカミチ』では、多くの肌荒れに悩む皆さんが健やかで安定した肌になることを願っています!