化粧品かぶれ

化粧品かぶれを起こしたらどうすればいい?とりあえずやっておきたいこと

化粧品かぶれの対処法

新しい化粧品を試すときのワクワクした気持ち、そんな気分を一気に打ち消してどん底に落ちた気分になるのは『化粧品が肌に合わなかった時』ではないでしょうか。いわゆる化粧品かぶれです。
敏感肌の人は何度も経験しているかもしれませんが、普通肌の人でも体調によっては、化粧品が合わない場合もあります。
今回は、化粧品かぶれを起こした時にまずやっておきたいことについてご紹介します。
ところで化粧品かぶれは使用直後だけではありません。数日経ってから、肌荒れを起こす場合もありますので、注意しましょう。

化粧品かぶれってどうなるの?

  • 使用した直後に、赤くなる、ヒリヒリする、ブツブツができる、ニキビができる、かゆくなる、湿疹が出る…など拒否反応を示す。
  • 数日経過してから、ブツブツができる、ニキビができる、痒くなる・・・

肌への塗布直後に発生する時もあれば、数日経ってから発生することもあります。

新しい化粧品に変えた時は、注意深く肌を見ておくことが大切です。

また、肌荒れするときは、『化粧品のある成分が肌に合わない場合』と、『体調によって肌に合わなかった場合』があります。

化粧品のある成分が肌に合わない場合は、その成分を特定しておくと、今後の化粧品選びの参考になります。

体調によって(生理やストレスなど)、たまたま肌に合わないということもありますが、私はそのような化粧品を継続的に使うのはおすすすめできません。そのたまたまで再び肌が荒れてしまうのは困りますよね。

はじめての化粧品を使う場合は、1週間くらいは様子をみて化粧品を使うかどうかを見極めることが大切です。

 

では、実際に肌荒れを起こしてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

化粧品かぶれになったらすぐやっておくこと

すぐに化粧品の使用を中止して洗い流す

購入した時の嬉しい気持ち、ワクワクする気持ちはとてもよく分かります。もしかしたら、肌に合わなくても使いたいと思うかもしれません。

ですが、すぐに使うのを止めましょう

そして、刺激の少ない石けんを使って洗顔し、化粧品をすぐに洗い落とすことをおすすめします。

一刻も早く、肌に合わない成分を肌から離してください。

  1. 使うのをやめる
  2. 低刺激性の石けんで、化粧品を洗い流す

症状が酷い場合は病院へ

症状がどんどん悪化したり、2~3日たってもおさまらないときは、すぐに病院へ行きましょう。

できれば、肌荒れの原因となった化粧品を持って行きましょう

アレルギーの場合は、調べてもらいましょう。

低刺激性スキンケアで様子をみる

症状が軽いようでしたら、低刺激性のスキンケアで保湿して様子をみましょう。

抗炎症成分入りで、かつセラミド入りなど保湿成分入りのスキンケアで、やさしく保湿するのがおすすめです。

落ち着いてもしばらくは低刺激性のスキンケアを使う

抗炎症剤が配合されているスキンケア

抗炎症成分と記載のあるスキンケアがドラッグストアでも購入できます。

肌荒れやかゆみを予防・抑制してくれます。

有名な抗炎症成分に、グリチルリチン酸2K、アラントインがあります。これらは厚生労働省に有効成分として認可されています。

抗炎症成分が配合された薬用の化粧品は、こちらの記事で紹介していますのでご覧ください。

まとめ

化粧品かぶれは、敏感肌の場合はよくあること。

なので、新しい化粧品を使う場合は慎重に使い始めましょう。肌荒れ中に使える化粧品は常備しておくことをおすすめします。

合わせて読みたい記事

肌荒れ中におすすめの抗炎症成分が配合された化粧品は、こちらの記事でまとめています。

肌荒れカサカサのスキンケア
肌荒れした時におすすめの化粧品肌荒れしたときはいつもと同じ化粧品は注意。肌にやさしく抗炎症成分が配合されあている化粧品を使ってケアしましょう。おすすめのスキンケアと注意点、保湿力をアップする方法を紹介します!...

 

肌荒れしやすい人は、日頃から敏感肌用の化粧品を使うことをおすすめします。エイジングや美白など、敏感肌用の化粧品も充実していますよ。

敏感肌化粧品の選び方ガイド敏感肌や肌荒れしやすい人の化粧品の選び方をお教えします!健康な肌の人と同じものを使っていては、健やかな肌は維持できません。敏感肌ケアのコツを掴んでくださいね!...
ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。