乾燥

顔が乾燥してかゆみがある時は、スキンケアとメイクを見直してみる

肌が乾燥してかゆみがあるスキンケアでしっかり保湿できていないために、肌が乾燥してかゆみがでてくるときがありますよね。

肌のバリア機能が低下して、肌を守ることができなくなっているために、刺激を感じやすくなっている状態なんです。

(※アレルギーでかゆみのある場合は、すぐに病院へ行きましょう)

肌のバリア機能の乱れ

これまでは健康な肌だったけど、乾燥してからかゆみや刺激を感じ始めたら要注意。

皮膚に適度な湿度が保たれないと、ひび割れ、かゆみや痛み、刺激に弱いといったさまざまな皮膚症状がでてきます。乾燥すると炎症を起こすインターロイキン1αが表皮最上層に留まるために、少しの刺激でも炎症を起こしやすくなり、また、乾燥下ではランゲルハンス細胞が増加して刺激に敏感になるからです。

出典元:美肌の科学

肌の乾燥は、他の症状を引き起こしてしまうので放っておいてはいけませんよ。

すでに乾燥でかゆみがでてしまった人は、高保湿のケアに加えて、バリア機能を補うケアを取り入れて元気な肌を取り戻しましょう。

 

今回は、高保湿でバリア機能を補うケアのポイントをご紹介します!

保湿とバリア機能を補う成分はセラミド

バリア機能を補う成分は、大きくわけて2つあります。

バリア機能を補う成分
  • セラミド
  • アミノ酸類

軽めの乾燥であれば、アミノ酸によるケアでもいいでしょう。

乾燥がひどい場合や年齢を重ねた肌には、セラミドケアがおすすめです。

『セラミド>アミノ酸』

セラミドの中でも、ヒト型セラミドが配合されているスキンケアは、バリア機能を補ってくれる上に、高保湿です。

これは、皮膚の細胞と細胞の間にある細胞間脂質の構造と同様の構造なのが、ヒト型セラミドだから。

ヒト型セラミドは、成分表示一覧には、『セラミド1,セラミド2…』もしくは『セラミドEOP、セラミドNS…』と記載されているのでチェックしましょう!

成分表示セラミドの例

ヒト型セラミドについてはこちらの記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

高保湿でバリア機能をケアしてくれるヒト型セラミドに注目! 乾燥する肌に潤いを与えたり、バリア機能を補ってくれる成分として注目されている『セラミド』。 そんなセラミドの中でも保湿力が...

抗炎症成分が配合されているスキンケア

肌にかゆみがある間は、抗炎症成分が配合されているスキンケアで、肌荒れを防ぎます。

成分表示を見て、抗炎症成分が配合されているスキンケアを選びましょう。

肌荒れ中におすすめの抗炎症成分配合のスキンケアを、こちらの記事で紹介しています。

肌荒れカサカサのスキンケア
肌荒れした時におすすめの化粧品肌荒れしたときはいつもと同じ化粧品は注意。肌にやさしく抗炎症成分が配合されあている化粧品を使ってケアしましょう。おすすめのスキンケアと注意点、保湿力をアップする方法を紹介します!...

洗顔・クレンジングは要注意!バリア機能の低下をまねく

化粧水やクリ―ムなどの補うスキンケアアイテムに対して、クレンジングや洗顔というのはオフするアイテムなので、選ぶ時は注意が必要です。

なぜかというと…

汚れを落とすとき、肌のうるおいやバリア機能も一緒に洗い流してしまうことがあるから。

セラミド入りの洗顔料で、肌のうるおいを逃がさないように、またバリア機能を壊さないように洗顔しましょう。

かゆみのある肌は、抗炎症成分配合の洗顔料を使います。こちらの記事に、低刺激で抗炎症成分配合のおすすめ洗顔料をまとめています。

ドラッグストアで買える、肌荒れ中や敏感肌におすすめ洗顔料まとめ今までは大丈夫だったのに、急に肌にぶつぶつが…。 ある日突然おこってしまうのが肌荒れ。 しかも、年齢を重ねるほど肌荒れから立...

低刺激性のメイク

肌の乾燥によるかゆみがある場合、メイクはできればしない方がいいのですが…

どうしてもしなければならない場合もありますよね。

そんな時は、抗炎症成分が配合されているベースメイクを選びましょう

抗炎症成分配合のベースメイク

◆dプログラムのメイクシリーズ

抗炎症成分配合のメイクが手に入らない場合、低刺激性のベースメイクでもいいかもしれません。

キュレルなど、低刺激性のファンデーションやBBクリ―ムがありますのでチェックしてみてください。

 

 –〉私はdプログラムのファンデーションがおすすめ。肌荒れの赤みも自然にカバーしてくれます。

まとめ

顔が乾燥してかゆみがある場合は、バリア機能の回復を助けるケアが必要です。

洗顔に注意して、セラミドが配合されているスキンケアでやさしくケアしてあげてくださいね。

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。