化粧品かぶれ

肌荒れしてしまった化粧品はもう使えない?

新しい化粧品に変えた時のワクワク感が絶望感に変わる。それが『化粧品による肌荒れ』。いわゆる化粧品かぶれです。せっかく色々調べて買ったのに肌に合わなかった時は、ショックで悲しいですよね。でも、肌にあっていない!とすぐに決めつけるのは待ってください

私も長年敏感肌なので、このように化粧品によって肌荒れすることは時々あります。

では「化粧品で肌荒れした後は使うのを止めてしまうか?」というと…

答えはNO状況を見て使い続けることがあります。

「効果ありそう!」と惚れ込んで買った化粧品ですから、できれば使い続けたいですよね。ただし、全てが使えるわけではありません。

それでは、使い続けるか諦めるかを判断する基準をご紹介します

化粧品を使い始めてから肌荒れをおこすまでの期間は?

まず、化粧品をつけてどのくらいの期間で肌荒れをおこしたか・・・覚えていますか?

1.化粧品をつけた直後

2.化粧品をつけた翌日~3日

3.化粧品をつけて1週間~

この中で、1~2番の場合、肌に合っていない成分が含まれているのですぐに使用を中止しましょう。

残念ながら、その化粧品は2度と使わない方がいい(できれば合わない成分をチェックしておくとベストです)。使い続けるのは諦めてください。

肌荒れしやすい人・敏感肌さんは新しい化粧品を使う場合は、トライアルや試供品で3日間以上お試しすることをおすすめします。

まだ、使える可能性があるのは3番の場合

1週間、新しい化粧品でも肌荒れを起こしていないなら、肌に合わない成分が含まれている可能性は低いそうです。

では、どうして1週間以上もたってから肌荒れを起こすのでしょうか?

1週間以上たってから肌荒れをおこした場合は使う

肌荒れを起こした原因は、体調の変化や肌が敏感な状態になったことで吹き出物がでてしまったことが原因として考えられます。

例えば…

化粧品に含まれる有効成分や濃度が、自分の肌にとって少し強めだったりすると、肌が驚いてしまう

⇒肌が敏感になったタイミングで拒絶反応

⇒吹き出物がでる

成分は肌に合っていないわけではないけれど、ただちょっと刺激が強いのかもしれません。毎日使い続けることで、肌が敏感になってしまっています。

でも、効果的な成分というのは刺激が少々あるもの。肌に合わないわけじゃないなら使い続けたいなあというのが本音ですよね。

使用頻度を低くしてみよう

全く肌に合わない化粧品でない場合、工夫することで継続して使い続けることができるかもしれません。

その方法は…

・使う頻度を減らす

・肌が敏感な時は使わない…生理前・生理中、ストレスを感じる時

まずは、使用頻度を低くします。

スキンケアの場合、毎日朝晩使っていますよね。それを、2~3日に1回の頻度に変えます。肌が慣れてきて吹き出物が出なくなったな、と感じたら使用頻度を上げていきいます。

次は夜だけ使う…という風に、徐々に使う頻度を上げてみましょう。

この時、焦りは禁物です!ゆっくり2~3か月のスパンで肌が慣れていくのを待ちましょう。

例えば、美白*成分が肌に合わない敏感肌さんって多いと思います。毎日は使えなくても2~3日に1回なら肌荒れしないのなら、使い続けていい。成分濃度が合わないだけかもしれません。そもそも肌に合う成分が見つかっただけでも喜ぶべきこと!

*日焼けによるシミ、そばかすを防ぐ

成分濃度が低いものを試す

敏感肌の場合は、肌に合う成分だけど成分濃度が高いものは肌にあわないということがあります。その場合は、濃度が低いものを選びましょう

例えば、ビタミンCの成分濃度は25%、20%、7%、5%、3%・・・など化粧品によって様々ですよね。

敏感肌の場合は、なるべく低い濃度からスタート。肌が慣れてきたら、5%にあげる。といった風に徐々に濃度が高い化粧品にあげていきます。

肌荒れしている間は低刺激性の化粧品でケア

これまで紹介した方法は、あくまで肌荒れが落ち着いてから試してみましょう。

肌荒れしている最中は低刺激性のスキンケアアイテムを使ってやさしく肌を保護してくださいね。こちらの記事で、低刺激性の化粧品をまとめています。⇩

化粧品で荒れにくい肌の土台を作っておく

化粧品で肌荒れしやすい人は、ある特定の成分にアレルギーがある、もしくはバリア機能が低下しているということ。アレルギーがある場合は、病院できちんと検査を受けてアレルギー成分を知っておくことも大切です。

肌のバリア機能が乱れていることで、肌荒れを起こしやすくなっている場合もあります。

肌のバリア機能の乱れによる肌荒れ

バリア機能が乱れていると、化粧品の成分にも刺激を受けやすくなってしまいます。

この場合には、バリア機能を補うスキンケアを取り入れて、肌荒れしにくい肌へと導いてあげましょう。バリア機能を高めるためには、ヒト型セラミド配合の化粧品がおすすめです。

高保湿でバリア機能をケアしてくれるヒト型セラミドに注目!高保湿でバリア機能を高めてくれるセラミドの中でも、特に注目のヒト型セラミドについて!成分表記は何?どのセラミドがいいの?などを調べてみました。...

毎日のケアにセラミドケア(ヒト型セラミド配合)を使うことで、健やかで荒れにくい肌に導くことができますよ。

まとめ

化粧品で肌荒れしやすいと、新しい化粧品を使うときに緊張しますよね。

でも、ワクワクしたり、綺麗になることを期待したり…化粧品がもたらしてくれる心の変化はプラシーボ効果といって、私達をよりキレイにしてくれます。

それなのに、肌荒れでビクビクしていては、プラシーボ効果を最大限に活かすことができませんよ。そんなのもったいない!

肌荒れしやすい人も敏感肌さんも、思いっきり楽しい気持ちで新しい化粧品を試しましょう。プラシーボ効果で美肌力もアップしますよ。

 

ABOUT ME
たいらえつこ
たいらえつこ
美容ライター。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。