日焼け止め

紫外線対策を万全に。肌荒れ中こそ紫外線をしっかり防ぐ必要がある

肌荒れしている時、「肌に何もつけない。できる限り肌を休ませてあげる。」という人がほとんどではないでしょうか。

仕事や人と会う時などメイクをしなければならない場合もありますが、できる限りメイクをしないで肌を休ませてあげますよね。

でも、そんな肌荒れ中でも1つだけやっておかなければならないことがあります

それは、紫外線対策

肌荒れしている時は、肌のバリア機能が壊れた状態なんです。

そんな時の肌は、とっても無防備。肌の奥まで紫外線の影響を受けやすくなっています。シミや肌荒れ跡の原因になります。

また、紫外線はバリア機能を壊してしまうので、何もしないでいるとより肌荒れを悪化させてしまいます。

つまり…紫外線は肌荒れ中の肌に、さらに悪影響を与える!

というわけで、肌荒れ中も紫外線対策が必要なんです。

ただ注意したいのは、元気な時の肌と同じような紫外線対策をしていると、肌に負担がかかって肌荒れを余計に悪化させてしまうこと。

そこで、肌荒れ中におすすめの紫外線対策をご紹介します。

肌荒れ中の紫外線対策

肌荒れといっても、炎症をおこしていない場合と炎症をおこしている場合がありますね。

炎症をおこしていない場合、つまり肌にぶつぶつなどの吹き出物はあるが赤くなっていない場合は、低刺激性のものでしっかりと紫外線対策をしておきましょう。

炎症をおこしてしまっている場合は、なるべく触れない塗り重ねないケアをしましょう。

炎症をおこしていない場合

肌の表面に吹き出物ができている場合のうち、炎症がない場合は低刺激性のものや、肌に刺激が少ないケアをしていきましょう。

物理的に紫外線をさける

まずは、日傘や帽子を使って、紫外線から肌を守ります。

日傘は内側が黒いものがおすすめです。帽子は、ツバの広いもの。

ただ、この方法では照り返しの紫外線を防ぐのは難しい。やはり日焼け止めも併用した方がいいですよ。

次からは、日焼け止め選びのポイントです。

低刺激性の日焼け止めであること

敏感肌用のブランドから選びましょう。

成分がシンプルで、余計な効能をうたっていないものがいいですよ。余計な効能や効果のあるものの中には刺激のある物が含まれるので、肌荒れ中は要注意。

気をつける点は、オーガニック系の日焼け止め。

植物というイメージから肌にやさしいイメージを持っているかもしれませんが、植物は刺激性のものが多く、肌荒れ中に使うとピリッと刺さるような痛みを覚えることがあります。

肌荒れ中は、成分がシンプルで、低刺激性の日焼け止めがおすすめです。

私は、敏感肌専用のブランドから選ぶことをおすすめします。成分を見ると極力シンプルに作られています。成分一覧をみると、成分の数が少なく余計なものがありません。

肌荒れ中や肌が敏感な人でも、比較的つかいやすい日焼け止めをまとめた記事はこちらです。

肌荒れ中や敏感肌におすすめの日焼け止め&選び方まとめ 日焼け止めを1年中塗ることは、肌のために当たり前になりつつあります。くもりの日も冬も日焼け止めはマストということ。 それは...

日焼け止め選びの参考にしてみてください。

テクスチャーがみずみずしいもの

低刺激性の日焼け止めの中でも、テクスチャーがみずみずしく伸びがいいものを選びましょう。

テクスチャーが硬いクリ―ム状のものは、伸びが悪いので肌の上を何度も指で滑らせることになります。でもそれは肌にとって負担なんです。なるべく柔らかいテクスチャーのものを選んでください。

気をつける点は、化粧品の表記をうのみにしないこと。乳液と書かれていても、まるでクリ―ムのように硬いテクスチャーのものもあります。必ず触ってみること。

私の日焼け止め記事では、テクスチャーに気をつけて書いています。私自身、使いにくいと感じる日焼け止めは、テクスチャーが硬いものです。患部を何度も触ることになって、肌への負担を感じるから。

とても大事なことなので、選ぶ時は気をつけてくださいね。できれば、試供品やサンプルで自分の手で触る方がいいですよ。

パウダーの日焼け止め

いわゆるミネラルファンデーションや、日焼け止めのルーセントパウダーのことです。パウダータイプは日焼け止め効果が高いのが特徴で、SPF50以上のものも多くあります。

吹き出物の部分だけをパウダーで仕上げることもできるので、使い分けてもいいですね。塗るタイプの日焼け止めと比べると、肌の凹凸を見えにくくしてくれます。また、赤みが多少でている場合でも、赤みを補整してくれるので吹き出物が目立ちにくくなります。

私は、肌荒れ中の外出時はミネラルファンデーションで済ませます。赤みを抑えて日焼けを防ぐことができるので便利です。色々な種類のケアやメイク用品を塗り重ねる必要がないところも重要だと思います。また、クレンジングも楽なので、肌への負担が少なくすみます。

気をつける点は、ブラシやパフを清潔に保つこと。こまめに洗ってください。肌が荒れている間は、毎回キレイに洗ってほしい。

スプレーの日焼け止め

こちらは肌に触れることがない、というところがおすすめですが、敏感肌用の日焼け止めスプレーをまだ見たことがありません。作って欲しいですね。

ドラッグストアで購入できるスプレータイプの日焼け止めはケミカルで乾燥しがちなので、今のところおすすめできるものはありません。

ですが、HACCIからノンケミカルのスプレーが発売されています。こちらを塗り直し用として使うのがおすすめです。

持ち運び用の日焼け止めはこれに決定!ノンケミカルのミストタイプの日焼け止め『HACCI UVミスト』スプレータイプの日焼け止めはよく見かけますが、調べてみると、そのほとんどが紫外線吸収剤を使ったケミカルの日焼け止め。 敏感肌なので...

炎症をおこしている場合

炎症をおこして赤くなってしまっている肌荒れには、肌に直接塗る方法はおすすめしません。なので、紫外線をひたすら避けてください。

そして、一刻も早く炎症を抑えることが優先です。

物理的に紫外線をさける

日傘やツバの広い帽子を使って、紫外線から肌を保護しましょう。

塗るタイプの日焼け止めはおすすめしません。

私は軽い炎症の場合、ミネラルファンデーションをつけることがあります。

ですが、かなりジュクジュクした炎症の場合は、絶対に上から日焼け止めをつけないでください!

炎症をおこしてジュクジュクしている場合は、どんなものをつけても刺激になります。ピリピリと痛みを感じてしまうので、何もつけないでくださいね!(もちろんスキンケアも)

まとめ

肌荒れ中もできる紫外線対策は、参考になったでしょうか?

「日傘や帽子で物理的に紫外線を防ぐ」プラス「日焼け止めを塗ることが確実に紫外線を防ぐ方法です。

でも日焼け止めの選び方は、いつもより気をつけてあげましょう。そして、大事なことは…

肌荒れ中は紫外線を確実に避ける!

これに尽きます。

私は、肌荒れ中は何も肌に塗りたくないと思うのですが、紫外線対策だけは気をつけています。肌荒れ部分がシミや跡になるのを防ぐためにも、より悪化させないためにも紫外線を防ぎましょう。

私の場合ですが、肌荒れ中はミネラルファンデーションに切り替えます。

荒れたところに軽くブラシでつけるだけ。優しくつけるのがポイントです。ブラシでこすらないように気をつけましょう!

外で運動したり長時間日に当たる場合は、こちらのSPF50のタイプを使います。

【オンリーミネラル ホワイトニングファンデーション】を試してみました 夏の暑さで体が疲れるように、肌も疲れてきます。 本当は、ちょっと肌を休ませてあげたいけど、日焼けが気になるし、何よりすっぴ...

ショッピングやちょっとしたお出かけくらいなら、こちらのタイプ。SPF35ですがPA++++。

パウダーなのにしっとり。もっと輝やくツヤ肌へ【オンリーミネラル モイストファンデーション】 今期、オンリーミネラルのモイストファンデーションが新しく生まれ変わりました。 ツヤ感が通常よりもアップし、さらに上質な肌に...

皆さんの肌荒れが早く良くなりますように、そしてシミや跡になりませんように。

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。