メイク法

肌荒れ中のメイク法

吹き出物ができたときのメイク法

今日はファンデーションをしたくないぞ。

朝、顔を洗おうと鏡を見て思った。

それは、顔に出来たばかりの小さな小さな吹き出物(白ニキビ)を見つけたから。

軽いメイクの日は、化粧水→乳液→ミネラルファンデーションそして、ポイントメイクだけですが…

長井かおりさんのメイク本を読んだので、テクニックを活かすことにします。

 

下地効果もある日焼け止めクリーム

化粧水の後は、ヴェレダのエーデルワイスUVプロテクトを使います。

ニキビができている日も、日焼け止めは必ず使いましょう。

 

ヴェレダのUVプロテクトは、UV対策、保湿、そして肌色補整もしてくれるクリーム。化粧下地の効果もあります。

 

クリームは白っぽいベージュ。

肌色を補整してくれます。

肌色補整が強すぎないので、顔色がのっぺらぼうになりません。

伸びも良いので、少量で。

 

香りが爽やかなので、これをつけると気分も爽やかになります。

 

鼻や頬の毛穴が気になる場合は、毛穴対策の下地をぬっておきます。

 

フェイスパウダーは2種類を使い分ける

乳液が終わったら、フェイスパウダーです。

使うのは2種類のパウダー。

1つ目は、顔のTゾーンにルーセントパウダー。

2つ目は、Tゾーン以外にミネラルファンデーションを置きます。

2種類のパウダーを使い分けるのがコツ。

汗をかきやすいTゾーンと、乾燥しがちな頬と目のまわりはパウダーを使い分けることで、ナチュラルな仕上がりを演出できます。

1種類のパウダーで仕上げた場合と比べると、ミネラルファンデーションによるツヤ感で顔に立体感が生まれます。

ツヤがあると、シワが目立ちにくくなりますよ。

 

パウダーを置いたら、定着させるために、手のひらでゆっくりと顔を包み込むようにプッシュしましょう。

 

ベースはこれで完了。

 

ポイントメイクは丁寧に仕上げる

ベースメイクを簡単にしても、ポイントメイクは丁寧に。

ポイントメイクをきちんとしておくと、吹き出物に目が向きにくくなります。

吹き出物の位置とチークの位置が重なるなら、刺激になるのでチークはしません。

もし、チークをする場合は、練りチークをルーセントパウダーの前に仕込みます。

濃くならないように注意。

 

アイメイク、アイブロウメイクそしてリップは丁寧に仕上げます。

左右の目の大きさを揃えることも忘れずに。

素肌っぽく生っぽさのあるメイクの完成

ベースメイクに使った、エーデルワイスUVプロテクトとルーセントパウダー、そしてミネラルファンデーションの組み合わせが生っぽい肌を作り上げています。

程よい肌の透け感が、まるで素肌のように自然な仕上がり。

ファンデーションで作りこんだ肌とは違った感覚です。

あれ?今日はすっぴんだったのかな?彼女の素肌、あんなにキレイなんだ。

と思わせてしまうような、艶めかしさ。

 

たまには、こんなメイクもいいのでは?

吹き出物ができた時は、肌を徹底していたわる

吹き出物は無理に隠さず、肌を休ませましょう。

コンシーラーを吹き出物の上にのせてしまったら、吹き出物が悪化してしまいます。

なるべく、肌の刺激をさけて、やさしく。

 

とはいっても、吹き出物の上にも日焼け止めはしましょう。

これだけは、忘れずに。

 

ヴェレダの日焼け止めクリームは、化粧水の後にも化粧直しにも。

肌に優しいオーガニックの日焼け止めクリーム【WELEDAヴェレダ エーデルワイスUVプロテクト】一年中、毎日、SPF50⁺の最強の日焼け止めをつけていました。 雨の日も真冬も外出しない日も、一年中日焼け止めはSPF50⁺。 ...

 

ミネラルファンデーションは、オンリーミネラル。

【オンリーミネラル ホワイトニングファンデーション】を試してみました 夏の暑さで体が疲れるように、肌も疲れてきます。 本当は、ちょっと肌を休ませてあげたいけど、日焼けが気になるし、何よりすっぴ...

 

メイク方法の参考にしているのは、長井さんのメイク本。

何度も読み返しています。

自分らしく似合うメイクがわかる。長井かおりさんメイク本第2弾楽しみにしていた、長井かおりさんのメイク本の第2弾が発売されたので、早速読みました。 『96のメイクテクニック 美しくなる判断がど...
メイク下手でも、これを読めば上手くなるメイク本で、初めて面白いと思える本に出会いました。 それが、【必要なのはコスメではなくテクニック】というメイク本。 ...

 

毎日同じ日はつまらない。

メイクも毎日同じはつまらない。

あれ?何かいつもと違う?と思われることって悪くない。

吹き出物が出来てしまった日は、いつもと違うメイクにトライするチャンス。

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。