化粧品かぶれ

ハイドロキノンで肌荒れ?敏感肌は湿疹やかぶれに注意して事前チェックが必須

ハイドロキノンは肌荒れに注意

ハイドロキノン配合の化粧品は人気があるようですが、半面肌荒れしてしまうことがある強い成分であることをご存知でしょうか?

ハイドロキノンは、雑誌や広告でもよく見かけるようになってきましたし、高評価を目にします。特に、年齢を重ねた女性に評価が高く、しっとりした使い心地が人気のようです。

 

ただ、敏感肌さんや肌荒れしやすい人は、ハイドロキノン配合の化粧品は注意が必要

必ずパッチテストをきちんと行ってから使いましょう!

実は、私はハイドロキノン配合の化粧品を使って、化粧品かぶれをおこしたことが2度もあります。

そこで、なぜ私には合わないのか分からなかったので、ハイドロキノンについて調べてみました。

今回は、敏感肌が注意した方がいい成分『ハイドロキノン』について紹介します。

ハイドロキノンは敏感肌には強すぎる成分⁈

化粧品の広告を見ると、いい情報のみをのせるため(当然ですね)、正確な情報を得ることは難しいものです。

この記事を読んでいる方の中には、もしかしたら「ハイドロキノンで既に肌荒れした」という人がいるかもしれませんね。

ハイドロキノンの良い情報は、化粧品広告に書かれている通りなので皆さんご存知でしょう。

そこで、当記事では「ハイドロキノンは気をつけた方がいいよ」という情報をピックアップしておきます。

実は調べると、専門家のほとんどがハイドロキノンについて、注意を促していました。

美白効果が高いハイドロキノンは作用が強すぎて、副作用も起きやすい成分です。ほとんどのメーカーでは安全のため使わないか、使ったとしても配合量を非常に抑えています。

引用元:化粧品成分表示の読み方手帳

ハイドロキノンは、皮膚科で処方されるそうです。医師の指示に従って、用法を守って使いましょう。

古くから医療利用されてきた成分。メラニン生成を抑制する。肌の弱い人ではかぶれをおこすことも。

引用元:リカバリ―美容事典

肌の弱い人は「かぶれ」をおこすことがあるので、注意ですね。

ハイドロキノンは、まだ有効成分として登録されていないようです。

有効成分登録されていないが強い効果あり。美容皮膚科使用の皮膚漂白剤。刺激と白斑のリスクが大きい。

引用元:かずのすけ式美肌化学のルール

使い始めるのは、もっと安全性が確立されて有効成分登録されてからでもいいかもしれませんね。

敏感肌は使わない方が『無難』な成分といえそうです。

ハイドロキノン配合化粧品で化粧品かぶれをおこす

ハイドロキノンの良い情報しか耳にしなかった

私がハイドロキノン配合の化粧品を使い始めた時、とても人気の成分だった&友人からのすすめもあって、すぐに化粧品を使うことにしました。

「これすごくいいよ!」なんて聞くと、じゃあ使ってみようかなと思いますよね。

口コミなどを見て「きっと良いだろう」「良いに違いない」と思いこんでいました。

 

当時は、ハイドロキノンが強すぎる成分だということも全く知りませんでした。悪い情報は広告からは知ることはできない情報なので、耳に入ってきません。自分で事前に調べるしかありません。

 

実際使い始めると、最初はしっとりしていて乾燥することなく使うことができました…

使い始めは調子が良く「ハイドロキノンも使える!」と喜んでいました。

私の顔の左頬に長年あった大きなシミがメイクでこれまでより簡単に隠れるようになって喜んでいました。

ーーー 最初は。

肌が「かぶれ」始めた

顔に湿疹がでて、ヒリヒリ感とかゆみもではじめました。

赤みもでてきて、顔中がボロボロに。

すぐに水ですすいで、落としたのですが…すぐには治まりませんでした。

結局、肌荒れが完全に治まるまでに、2週間がかかりました。

ハイドロキノンによる化粧かぶれは、結構症状がひどく長引きました…

最初にパッチテストを行うべきだった、とかなり後悔しています。

パッチテストで必ずチェック!

「ハイドロキノンは、誰にでもあう化粧品ではない

敏感肌は、このことを決して忘れてはいけません。

 

パッチテストの方法については、病院で行う方法と自宅で簡易的に行う方法があります。

詳しく検査するためには、皮膚科を受信しましょう。有料でパッチテストを行ってくれるところがあるようです。

 

家庭でのパッチテストは簡易的なものです。

家庭でのパッチテストの方法は、アテニアの公式サイトが参考になるのでリンクしておきますね。

>>パッチテストについて

ハイドロキノンで肌荒れした場合の対処法

かなり強い成分であるハイドロキノンですから、かぶれ具合も強くなります。

病院へすぐに行ける場合は、すぐに皮膚科へ行きましょう。

病院に行けない場合は、こちらの記事をチェックして様子をみてください。

化粧品かぶれを起こしたらどうすればいい?とりあえずやっておきたいこと化粧品をつけて肌荒れした場合の対処法をお教えします。...

まとめ

ハイドロキノンはかなり強めの成分なので、敏感肌さんはまずトライアルキットなどでパッチテストをして、肌状態を見ることをおすすめします。

商品が届いたら、すぐに使いたい衝動にかられるかもしれませんが、我慢!まず、パッチテストをしましょう!

もし、湿疹や肌かぶれがおきてしまったら、使用を中止して水で洗い流してくださいね。

肌荒れが治まらない場合は、すぐに病院に行きましょう。

私はおさまるまで2週間もかかりました。やはり肌荒れをおこすと厄介です。必ずパッチテストをしてくださいね。

ただ、私はハイドロキノンを全否定するつもりはありません。もし肌にあえば、使っていたと思います。肌にあうかどうかは重要ですから、「新しい成分の化粧品を使うときは毎回パッチテストをする」ことを心に留めておきましょう。

合わせて読みたい記事

肌荒れしてしまった場合は、すぐにスキンケアを切り替えて!こちらの記事で対処方法を解説しています。

化粧品かぶれを起こしたらどうすればいい?とりあえずやっておきたいこと化粧品をつけて肌荒れした場合の対処法をお教えします。...

肌荒れ中は化粧品選びも慎重に。「抗炎症成分が配合されているか?」、「セラミド配合か?」などをチェック。おすすめの化粧品をまとめている記事はこちらです。

肌荒れカサカサのスキンケア
【肌荒れ中のおすすめ化粧品!】肌悩み別に厳選して紹介します肌荒れしたときはいつもと同じ化粧品は注意。肌にやさしく抗炎症成分が配合されあている化粧品を使ってケアしましょう。おすすめの化粧品を紹介します!...

化粧品かぶれをおこした化粧品はもう使えないか?というとアレルギーで肌にあわない場合はダメ。ですが、使える場合もあります。そんな記事がこちら。

肌荒れしてしまった化粧品はもう使えない? 新しい化粧品に変えた時のワクワク感が絶望感に変わる。それが『化粧品による肌荒れ』。いわゆる化粧品かぶれです。せっかく色々調べて買...

参考文献

 

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。