肌荒れ・敏感肌のスキンケア法

当サイトでは、大人の肌荒れや敏感肌でお悩みの方が美肌を目指すために必要な情報と商品レビューをまとめています。

肌荒れをいつも繰り返していませんか?
毎月のように肌荒れを繰り返しているのであれば、使っている化粧品があっていない、もしくはスキンケア方法が間違っているのかも。

肌荒れしやすい人や敏感肌でお悩みの方がキレイになる近道は、肌にやさしいスキンケア方法で、肌にあう化粧品を見つけること!

そこでこのサイトでは、肌荒れしやすい人や敏感肌さんのためのスキンケアの見つけ方や使い方を紹介しています。

肌荒れを繰り返してしまう人はまずチェック!

肌荒れの原因はストレスやホルモンバランスの乱れなど様々です。原因を突き止めて解決するのは難しいですが、肌荒れを予防して、まずは肌荒れしにくい健やかな肌に整えることが一番の美肌への近道です。
ポイントは…
スキンケア方法と『化粧品の選び方

スキンケア方法

肌荒れしにくいスキンケア方法やりがちだけど、肌荒れしやすい人にはダメージが大きくなってしまう誤ったスキンケア方法が身についていませんか?まずはスキンケア方法を見直しましょう。
重要なポイントをピックアップして解説している記事がこちらです。
>>スキンケア方法をチェックする

 

肌荒れと敏感肌におすすめの洗顔料肌を乾燥させてしまうのは『洗顔』。
肌のバリア機能を壊さないように、やさしい洗顔を心がけましょう。
洗顔料は、ドラッグストアで購入できる低刺激性から選んでもOK。洗顔料の選び方を詳しく解説しています。
>>肌荒れ中や敏感肌におすすめの洗顔料

 

化粧品の選び方

敏感肌化粧品の選び方化粧品を買う際は、成分をチェック!化粧品のイメージや宣伝に惑わされず、成分一覧を読みましょう。
>>肌荒れ・敏感肌化粧品の選び方ガイド
肌荒れ中・予防用と敏感肌用の2種類を使い分けます。

 

肌荒れ中は、メイクも肌に負担がかかりにくい方法で行います。
 >>肌荒れ中のメイク方法をチェックする

ただし、肌荒れ中でなくアレルギーがない場合は、敏感肌用や普通のメイクも可。

肌荒れしやすいだけ?それとも敏感肌?

『敏感肌』『肌荒れしやすい肌』の違いは何だと思いますか?

この違いを述べる前に敏感肌についてお話しなくてはなりません。そもそも肌質に敏感肌という肌質はないのですが、近年では敏感肌という肌状態がようやく認識されつつあります。
敏感肌について、現在は以下のような認識になっているそうです。

 敏感肌については化粧品関係者と医師との間で見解の違いもありましたが、「敏感肌の方は潜在的にバリア機能が低下した乾燥した肌が多く、かぶれ易く、荒れやすい肌」という共通認識になっています。

引用元:美肌の科学より

つまり肌荒れしやすい肌も敏感肌です。

もし「敏感肌に当てはまるな」と思う人は、敏感肌用の化粧品を使いましょう。肌荒れを予防できます。
今は、敏感肌化粧品にも乾燥ケア・エイジングケア・美白*ケア化粧品があるので、化粧品選びが楽しめるようになっています。敏感肌だからと落ち込まずに楽しくケアしましょう!

*シミ・そばかすを防ぐことによる

肌荒れ・敏感肌化粧品一覧

化粧品名から選ぶ

化粧品一覧●肌荒れ中・予防●
ノブキュレルアルージェdプログラムオードムーゲ

●敏感肌●
ディセンシアヒフミドヴァントルテエトヴォスビーグレンシグナリフトビオメディファンケルNukumoriコラージュカルテクリニティミノン

『肌荒れ中・予防用』と『敏感肌用』の2種類のスキンケアを常備して使い分けます。少しでも違和感を感じたら肌荒れ用にチェンジします。

・肌荒れ中・予防用には、抗炎症成分配合が有効成分の医薬部外品のスキンケア
 >>肌荒れ中の化粧品の選び方

・敏感肌用は、敏感肌用化粧品の中から肌悩みにあったスキンケア

アイテムから選ぶ

お悩み別の対策法

肌悩みにあった化粧品を使うことが美肌への近道。
お悩み別の対策方法をまとめています。

肌荒れ
肌荒れのスキンケア方法
エイジングケア
敏感肌のエイジングケア
美白ケア
敏感肌の美白ケア
乾燥
乾燥ケア
吹き出物
吹き出物ケア
生理前の肌荒れ
生理前の肌荒れ
毛穴
肌荒れしやすい人の毛穴対策
花粉
花粉による肌荒れにおすすめスキンケア
化粧品かぶれ
化粧品かぶれの対処法

特集

肌質チェック
肌質チェック
スキンケアの選び方
敏感肌の化粧品の選び方
おすすめ本
スキンケアのおすすめ本まとめ
最新美容の見つけ方
最新の美容情報を手に入れる方法
インタビュー
インタビュー
日焼止めの選び方