アイブロウ

眉マスカラで変わるのは色だけじゃない!毛流を端正に整える『ボビィブラウン ナチュラルブローシェイパー』

眉メイクについてアイブロウパウダー、ブラシに続いて…今回は最終回。

眉マスカラについて。

 

今はドラッグストアでも安く買うことができる眉マスカラ。

ですが、もしプチプラな眉マスカラに満足していなかったらぜひ試して欲しい。

 

ボビィブラウンのブローシェイパーは、大人の女性に似合う質感が手に入ります。

やっぱり、違うんですよ。仕上がり!

ボビィブラウン ナチュラルブローシェイパー

ボビィブラウン ナチュラルブローシェイパー 06リッチブラウン

 

ボビィブラウンの眉マスカラは、一気に顔が垢抜けると評判です。

 

都会的で、でもかっちりしすぎない抜け感を感じさせるアイテムが、こちらの眉マスカラ。

大人の女性におすすめの、絶妙なカラーが揃うのはボビィブラウンならでは。カラーだけじゃありません。形までメイクできるんですよ!

 

 

こちらも眉や髪色に合わせて、BAさんに選んでいただきました。

ボビィブラウン ナチュラルブローシェイパー 06リッチブラウン

ボビィブラウン ナチュラルブローシェイパー06リッチブラウン

私の眉毛はフサフサで、コシのある量も多めの眉。

ともすると野暮ったくなってしまうそんな眉を、一気に垢抜けてしまうのが眉マスカラ。

しかも、ただ単に明るくすればいいというものでもなくて。

ボビィブラウン ナチュラルブローシェイパーの色

ナチュラルでソフトな印象に仕上げながら、端正な形に整えてくれます

 

クリ―ムジェル処方の眉マスカラ液が、根本からしっかりカラーリング。

ロングラスティング処方なので、長時間キレイな眉が続きます

また、パウダー入りで硬くならずソフトに形を整える。それは眉の印象にもつながっています。強くならないんです。フサフサの眉毛の毛流をも動かせる。

 

使い方は、軽く眉をとかすようにつけるだけ。根本からつけるようにすると眉を書き足したようにもなります。

私のように眉毛が多い人は、アイブロウパウダーで描かなくても、眉マスカラだけでいいかもしれません。カジュアルな洋服の日や、メイクに抜け感を出したい日にもいいですね。

マニッシュなファッションなら、上向きに上げて整えるのも素敵です。

他の眉マスカラと色を比べてみました

眉マスカラの色比べ

上から順番に…

  • キスミー ヘビーローテーションカラーリングアイブロウ 04ナチュラルブラウン
  • インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR671
  • ボビィブラウン ナチュラルブローシェイパー 06リッチブラウン

上の2つはドラッグストアで購入できる、人気の眉マスカラ。

色味は全然違います。上のマスカラはイエロー系、真ん中はレッド系、下はブラウン系。

 

眉につけると、それぞれまた少し違った色にはなるのですが、ベースの色はこのような感じ。

比較的明るすぎる印象があるのが、ドラッグストアコスメの眉マスカラ。

 

髪の色が明るい人向けに作られている印象です。

大人の女性がつけると、眉だけ明るすぎて浮いてしまいます。それは、大人の女性は髪色を落ち着いた色味にしていることが多いので、明るい色の眉マスカラだと、比較的浮いてしまうことが多いのかもしれません。

 

さらに、写真では写りにくいのですが、上の2つはラメが入っていて、眉がキラキラと輝きます。これは、私も写真を撮ってから初めて気が付きました。

 

ボビィブラウンの眉マスカラは、シックな色味でラメはなし。

でも、黒とは明らかに違って、意思のある目元なのに抜けを感じる仕上がりに。眉の毛流を形作ってかっこいい

 

感想

実は、眉マスカラに関しては、眉毛の色を変えるだけなので、何を使っても同じだと思っていました。

実際、眉をカラーリングすることに関しては同じかもしれません。

でも、仕上がりの美しさや眉の形を整えるという部分に着目すると、プチプラとそれ以外の眉マスカラには差があるように思います。

眉毛が濃く目立つ人は、眉マスカラに投資するのは効果的だと思います。

個性はチャームポイントですよ。

 


 

これまで、3回に渡って眉メイクについての記事を書いてきました。

いずれもボビィブラウンのアイブロウを利用していますが、どのブランドのものでも、自分の個性を生かした眉で、眉メイクするということが重要であることを伝えたいと思っていました。

 

太眉が流行っているかと思いきや、キレイな女優さんの多くは細眉のままですし、太眉が素敵なモデルさんも多く見かけますし、直線眉のアーティストが人気だったり…

今は色々な眉の形が混在している時代だと思います。

 

こんな時代だからこそ、皆と同じ眉ではなく、自分の眉を生かした眉メイクを意識して取り入れてはどうでしょうか?

 

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。