ファンデーション

ファンデーションがダマにならない方法

ファンデーションがダマにならない方法

突然リキッドファンデーションを塗るときにダマがでるようになりました。

垢のようにファンデーションがモロモロになったり、ファンデや下地が寄ってしまったり、よれて皮がむけたように見えることもあります。(※乾燥で皮がむけているわけではありません。)

 

私の付け方や肌に問題があるのでしょうか⁈

ローション、美容液、乳液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、アイテム同士の相性が悪い?

それとも・・・

 

ファンデーションがダマにならない方法を調べていくと、その原因が1つではないことが分かってきました。

そこで、ファンデーションがダマにならない方法を、原因ごとにご紹介します。

ファンデーションがダマになる原因と対処法

使っているアイテムとファンデーションの相性が悪い

実は、これがファンデーションがダマになる原因として最も多い。

 

では、どのアイテムとファンデーションの相性が悪いのでしょうか?

化粧下地でしょうか?それとも日焼け止め、クリ―ム、化粧下地でしょうか?それともアイテム同士の相性が悪いのかも。

考えたらきりがないくらいのパターンがありそうです。

 

どれとどれがダメなのかはっきりさせるのは難しそうですよね。

 

これから化粧品を買い替えるたびに、相性を考えて購入しなければならないのでしょうか?

それはとても大変なことですね。

 

そんな悩めるファンデーションのダマ問題に、解決策を与えてくれたのはあの有名なヘアメイクアップアーティスト。

島田ちあき』さん。

 

島田さんは、ダマになる原因をBRILLIAGEというサイトのコラムでこう言っています。

 その美容液とファンデーションの相性が悪いということ

原因は美容液!!

 

そうなんです、美容液の中にはファンデーションと相性が悪いものがあるそうです。

なので、島田さんはメイクの前に美容液を使わない方法をすすめています。

  化粧水でたっぷり潤わせて、その上にいきなりクリ―ムですね。

とはいえ、中にはファンデーションと相性のいい美容液もあるので、その場合は使ってもいいとのこと。

 

『美容液を使わないだけ』なんて、簡単なことですし明日から実践できますよ。

私も実際にやってみました…本当にたったこれだけでダマがでなくなりました。

 

多くのメイクを手掛けてきたメイクアップアーティストの島田ちあきさん。

経験からお話しされているので、とても勉強になります。

 

このダマにならない方法は、島田さんがあるコラムで述べています。このコラムではファンデーションと相性のいい美容液を見分ける方法などなど、メイクの色々な技を伝授。

詳しい情報は、こちらのサイトのコラムで紹介されています。

BRILLIAGE

『SPECIAL』というメニューから島田さんのコラムを読むことができます。

コラムはどれも勉強になりますし、面白いのでメイクに興味のある人におすすめです。

 

私は美容液を使わない方法だけで、あんなに悩まされていたファンデーションのダマが全くできなくなりました。

ファンデーションが肌にキレイにフィットしています。

 

私の場合、乾燥するので保湿系の美容液をたっぷり使うようになったことが原因だったと考えられます。

美容液をやめて、『化粧水⇒クリ―ム』だけのシンプルケアになりました。

たったこれだけで、メイクの悩みが1つ減りました。

 

ただ、そうすると気になるのは保湿ですよね。

そこで、美容液を使わない分、クリ―ムに保湿機能を集中!

ダマに悩まされることがなくなって、朝のメイクが楽になりましたよ。

 

美容液をどうしても使いたいという人は、美容液にあうファンデーションを見つけましょう。その美容液にぴったりのよれないファンデーションを探しましょう。

メイクの前は美容液を使わない。もしくはファンデーションと相性のいい美容液を使う

クレンジングや洗顔で汚れが落とせていない

肌に負担がかからないようにするあまり、クレンジングや洗顔で汚れがきちんと落ちていないことがあるんです。

それが、垢のようになってファンデーションや化粧下地と共にモロモロになって、でてきます。

 

朝、きちんと洗顔料を使って丁寧に洗顔していますか?

「朝は洗顔料を使わないで水洗顔だけ」という洗顔法の人もいるかもしれません。

特に、敏感肌さんの中には、洗顔料を使わない人が結構いるのでは?

私も肌荒れしているときや、肌が敏感になっている時は、肌への負担を軽くしたいので、洗顔料を使わないことがあります。肌がピリピリしている時期や、赤くなってしまっている時は洗顔料さえも刺激を感じますよね。そんな時は無理に洗顔料を使う必要はないと思います。

 

でも、肌が安定している時期はきちんと洗顔料を使って肌の古い角質を落とした方がいいですよ。もしくは、週に数回だけは洗顔料を使う、など毎日ではなくてもいいので古い角質を時々落としてあげる方が肌のターンオーバーを正常に保てます。

 

ファンデーションがダマになるという場合に、洗顔で気をつけたいところは、顔の洗い方

顔は平面ではありません。

目頭側のくぼみや小鼻のふくらみの脇などくぼみ部分の汚れがきれいに落ちていないことがあります。

もし、顔のくぼみ部分のファンデーションがよれてしまう場合は、汚れがきちんと落としきれていないのかもしれませんよ。

汚れやメイクは、きちんとやさしく落としましょう。

洗顔料を使って、肌の汚れをやさしくきちんと落とす

化粧下地をつけるタイミングが早い

スキンケアの後、肌にスキンケア成分がなじむ前に化粧下地をつけていませんか?

肌になじむには少し時間が必要です。

化粧下地をつけるのはスキンケアの後少し時間がたってから

化粧下地をつけるタイミングが早いと、化粧下地がきれいにのりません。ファンデーションがダマになるとき、実は化粧下地がムラ塗りになっている場合があります。そのせいで、ファンデーションがダマになってしまうのです。

ファンデーションがダマにならないためには、化粧下地をきれいに仕上げることも意識してみましょう。化粧下地は、肌とファンデーションをつなぐ大事な役目ですから。

化粧下地はスキンケアが肌になじんだ後につける

化粧下地の量が多い

「適量を使ってください」と書かれていても、適量がどのくらいの量なのかってわからない。

『適量』があいまいで、難しいと感じるアイテムの1つが化粧下地です。

化粧下地は顔全体に塗る人もいれば、部分使いする人もいるので適量が書かれていないんですよね。

でも、化粧下地の量が多いと、ファンデーションがよれてダマになってしまいます。

では、どのくらいの量を使えばいいのでしょうか?

 

メイクアップアーティストさん達は、化粧下地はごく少量でいいと言っています。

使いすぎている場合は、減らしましょう。

丁寧に伸ばして、肌になじませること。

化粧下地の量を減らす

どうしてもダマになってしまう

これまでの方法を試してみても、ファンデーションがダマになってしまう…という人がいるかもしれませんね。

その場合は、ダマになりにくいファンデーションを使うことです。

ファンデーションには、以下のような種類があります。

  1. クリ―ムファンデーション
  2. リキッドファンデーション
  3. クッションファンデーション
  4. パウダリーファンデーション
  5. ミネラルファンデーション

1番が最もダマになりやすく、2、3、4、5番になるにしたがって、ダマになりにくくなります。

5番のミネラルファンデーションは基本的にダマになりにくいのですが、ブラシで上手く付けられずにダマになってしまう人がいるようです。

そのような人におすすめしたいのは、パフでつけるタイプのミネラルファンデーション。

ポンポンと肌の上にのせるだけなのでダマになることがありません。

>>ミネラルファンデーション【VINTORTE】
シルクパウダーが肌にぴったりフィットして崩れにくいのが特徴です。

 

どうしてもファンデーションがダマになってしまうという人は、ぜひ試してみてください。

まとめ

今回は、ファンデーションがダマにならない方法を紹介しました。

ファンデーションのダマ問題は、顔にのせている化粧品が多い人におこりがちです。

今回紹介した方法をもとに、自分のケアを見直してみましょう。

 

合わせて読みたい記事

ダマになりにくい、パフ使用のファンデーションのレビュー記事はこちら。ファンデーションが厚塗りにならないところもポイント。

肌の毛穴が目立つならシルク配合のミネラルシルクファンデーションでふんわり隠す お肌の毛穴が目立って悩んでいる人や肌の乾燥が気になる人におすすめなのは『ミネラルシルクフェイスパウダー』。 天然ミネラル成...

ファンデーションがダマにならないために、朝は美容液を使わないので、クリ―ムは保湿機能を重視したい。大人の女性は、エイジングもあわせてケアするクリ―ムを投入して肌をプロテクトしたい。

ディセンシアアヤナス
40代からのごわついた肌におすすめの高保湿スキンケアシリーズ『ディセンシア アヤナス』大人の敏感肌や乾燥肌にハリとうるおいを与えてくれるディセンシアアヤナスをレビューします。ハリ不足やたるみといったエイジングの悩みを重点的にケアするアヤナスは、本気のエイジングケアとしてぜひ使ってみて!...
ABOUT ME
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。