メイク

肌の毛穴が目立つならシルク配合のミネラルシルクファンデーションでふんわり隠す

ヴァントルテのミネラルシルクファンデーション

お肌の毛穴が目立って悩んでいる人や肌の乾燥が気になる人におすすめなのは『ミネラルシルクフェイスパウダー』。

天然ミネラル成分とシルクで作られた、ナチュラルに仕上がるパウダー状のファンデーションです。

 

他のミネラルファンデーションとの違いは、シルクパウダーが配合されていること。

シルクパウダーが、肌にぴったり密着してしっとり肌にしてくれます。密着するのに、ふわっとした軽い付け心地!つけていることも忘れそうな軽さです。

 

このファンデーションのお気に入りポイントはセミマットな仕上がり

ミネラルファンデーションってツヤ感が強いので夏場はテカリと間違えられそうで使いにくいものが多いのですが、このミネラルシルクファンデーションは、セミマットなのでいいですね。

夏場でも崩れにくくテカリにくい。シルクパウダーの特殊コーティングは崩れにくいので、キレイが続きます。しっとりするので一年中使える質感です。

 

気になるのは、薄づきで肌に密着するファンデーションなのに、本当に毛穴カバーできるの?

と不安に思うかもしれません。

これまで見てきた毛穴カバー化粧品は、パテのように毛穴を埋める物ばかりでしたからね。

もちろん、深くなってしまった目立つ毛穴はある程度は埋める必要がありますが、パテで埋める必要が本当にあるのでしょうか?

 

私がおすすめするミネラルシルクファンデーションを使った毛穴カバー方法は、もっと自然で簡単。手順もこれまでのベースメイク方法と同じです。

もちろん、毛穴の開き具合によって使い方を変える必要はありますよ。

それでは、ミネラルシルクファンデーションを使った毛穴カバー方法をご紹介します。

毛穴が深くない肌の毛穴カバー方法

毛穴が深くない肌の場合、パテで毛穴を埋めると厚ぼったい肌になってしまいます。時間が経つと崩れてしまうので、なるべくパテ使いはしたくないですよね。

そんな毛穴が深くない肌におすすめの使い方は…

化粧下地 + ミネラルシルクファンデーション

ミネラルシルクファンデーションは化粧下地不要というのが特徴なのですが、毛穴が気になる人はあえて化粧下地を使った方がいい

毛穴を光で飛ばしてくれるようなタイプや毛穴カバー系の化粧下地を使うと、なお良いですよ。

私のおすすめは、エレガンスのパンプリフティングベース。

毛穴がなかったような肌に仕上げてくれます。「パン!」と張ったような肌で「リフティング」してくれます。

 

毛穴が深くない場合は、毛穴カバーの化粧下地の上にミネラルシルクファンデーションを使うことで、毛穴をカモフラージュして崩れにくい肌にしてくれます。

しっとりしたシルクパウダーが肌に密着してまるでもともとキレイな肌だったかのように見せてくれますよ。

 

毛穴が部分的に気になるところは、ミネラルシルクファンデーションを重ねてポンポンしてください。結構厚く重ねても大丈夫。ナチュラルにカバーできます。

毛穴が深い肌の毛穴カバー方法

過去の肌荒れで毛穴が目立つ人。また、年齢を重ねた人は、毛穴が深くなってしまいます。深くなった毛穴は影になって、肌に黒い点があるように見えてしまいますよね。これはシミではないのですが、気になる人も多いですよね。

やはり、深すぎる毛穴は浅くなるように見せなければなりません。

そこで、もうひと手間が必要になってきます。

化粧下地 +ファンデーション+ ミネラルシルクファンデーション

ファンデーションはリキッドファンデーションやクッションファンデーションがおすすめ。

毛穴がほどよく埋まればOK。毛穴を埋めようと厚塗りする必要はありません。普通に薄づきにしてください。

 

ファンデーションの上からミネラルシルクファンデーションをポンポンとしていくと…

ふわっとしたパウダーによって毛穴の凹凸をカバー。

カバーできているのに、ナチュラルに見えます。ピュアシルク100%のパウダーが特殊コーティングでメイク崩れも乾燥も防いでくれます。

 

パテで毛穴を埋める方法は、かなり不自然ですし息苦しいような肌になってしまうのですが、ミネラルシルクファンデーションを使った方法では自然にカバーできるのが特徴です。

 

それでは、これまで毛穴カバーとして使っていた、ミネラルシルクファンデーションをご紹介します。

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション

これまでの記事で、毛穴カバー法をお伝えしてきたので化粧下地を使った方法をご紹介してきました。

ですが、本来ミネラルシルクファンデーションは化粧下地不要なんです。

スキンケアの後にミネラルシルクファンデーションをポンポンするだけ。敏感肌さんや肌荒れしやすい人にもおすすめ。

>>シルクパウダーファンデーションの詳細を見る

石鹸で簡単に落とせますよ。

カバー力があるパウダー

ミネラルシルクファンデーションは、薄づきのミネラルファンデーションの割に、カバー力があって自然な仕上がりです。

パフでポンポンとのせると…

こんな感じでナチュラルなのに毛穴が目立たない肌になっています。

ミネラルシルクファンデーション

ナチュラル!なのに、毛穴が見えにくくなっています。

パウダーなのにしっとりするのはシルクパウダー配合だから。

シミが気になるところは、ポンポンとパフを重ねても良いですし、私のおすすめは指先でパウダーをとって、直接シミの上からカバーする方法です。

ナチュラルカバーできるのでやってみてください。

シルク配合だと何がいいの?

シルクパウダーが入っていると言われても、何がいいのかよくわからない人も多いと思います。

皆さん、あのツヤツヤとした光沢のある布、シルク(絹)は分かると思います。

シルクは、蚕(カイコ)の繭から作られた天然の繊維。肌の成分に近い、グリシン・アラニン・チロシンなどのアミノ酸が結合してできたタンパク質の繊維なのです。

ヒトの皮膚がもともともっている保湿機能「天然保湿因子(NMF)」の40%がアミノ酸です。アミノ酸は、保湿力が高く肌のバリア機能を強化してくれるので、スキンケアにも取り入れられていますね。

 

シルクパウダーは、シルクを粉末に加工し美容や健康食品などに加工されています。

先日、世界遺産の富岡製糸場に行ってきたのですが、シルクパウダーはお菓子などの食品や石けん・パウダー・スキンケア用品・筆などに取り入れられていていましたよ。

今回、シルクについて調べてわかったのですが、シルク美容なるものがあるほどシルクは注目の成分でした。保湿性が高く、光沢のあるシルク。光を乱反射させるので紫外線もカットするなど、天然成分でありながら美容に良い成分としてこれからも注目していきたいですね。

乾燥肌や敏感肌の人はチェックです。

やわらかいパフが気持ちいい

一般的に、ミネラルファンデーションは、ブラシでつけるタイプが多いのですが、肌荒れしている人や敏感肌にとっては、ブラシは結構刺激ですよね。

でも、ミネラルシルクファンデーションの場合は、パフなんです。

毛足が長くて、とってもやさしい肌触りなので刺激を感じません。気持ちいい!

ヴァントルテのおすすめパフ

パフでポンポンとつけるだけなので、ファンデーションがよれることがなくてコツがいりません。

肌荒れしている吹き出物のところも、やさしくカバーできました。

ポンポンと肌にのせるだけで簡単

パフにお粉をふくませて、ポンポンとのせるだけなので簡単。コツはいりません。

ミネラルシルクファンデーションの使い方

ネットの下に粉がはいっているので、パフに粉を含ませます。

もし、粉がたくさんパフについてしまったら、ケースのサイドにスライドして粉をこすり落とすようにするといいですよ。

手の甲にパフを軽くのせて、パウダーを調整。

顔にポンポンとのせていきます。

 

このミネラルシルクファンデーションは、多少パウダーをつけすぎても大丈夫。肌になじんでしまいます!全然コツが要りません。

 

毛穴が気になるところや、シミが気になるところは重ねることで、よりカバーしてくれます。

最後は、手のひらで顔全体を包みこむようにして軽くおさえて、肌に密着させます。

成分

マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、シルク、水酸化Al、酸化鉄

色が選べる

  • ハイライト
  • ハイライトベージュ
  • ライトベージュ (標準色)
  • ライトイエローベージュ
  • ナチュラル

ライトベージュが標準色ですが、肌が明るい方の標準色の人はハイライトベージュを選ぶ人が多いようです。

ファンデーションの色選びは1番難しいですね。

私は、いつもファンデーションは標準色ですが首の色が暗い方なので、ライトベージュを選びました。

つけてみたら…ライトベージュで正解!

肌にぴったりなじみます。軽い付け心地なので肌なじみが良い。なじみすぎて、つけているのを忘れるくらいです。

ライトベージュ(標準色)をレビューします。

ミネラルシルクファンデーションの色:ライトベージュ

ライトベージュのパウダーの色はこのような色。

ミネラルシルクファンデーションライトベージュ色

色みの参考にするために、オンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーションのパウダーと比較してみましょう。

色は、オークル。

左が薬用ホワイトニングファンデーションのオークル。右がミネラルシルクファンデーションのライトベージュ。

ホワイトニングファンデーションとミネラルシルクファンデーション色比較

ミネラルシルクファンデーションの方が色が濃い。

ファンデーション色比較

パウダーを指で肌の上にのせてみます。

手の甲にのせてファンデーション色比較

白いお皿に載っている時と比べると、色味による違いはあまり感じませんね。

多めにパウダーをのせているからかもしれません。

ホワイトニングファンデーションとミネラルシルクファンデーション色比較

余分な粉を落として、丁寧にのばしてみました。

肌に伸ばした感じは、オンリーミネラルのホワイトニングファンデーションのオークルの方がやや白っぽい感じでした。

実際、オンリーミネラルのホワイトニングファンデーションのオークルを私が顔につけると、少し白浮きしてしまいます。

なので、オンリーミネラルのホワイトニングファンデーションのオークルの色がぴったりという人は、1つ明るい色のハイライトベージュがいいかも。

 

色選びをまとめると…

ヴァントルテのミネラルシルクファンデーションを選ぶ時は

  • 標準色の人で明るめの肌…「ハイライトベージュ」
  • 標準色の人で暗めの肌…「ライトベージュ」

がおすすめです。

色白の人は、「ハイライト」がいいみたいですよ。

 

ミネラルシルクファンデーションでは、色選びに迷っている人のために『2色から選べるパフ付きサンプルセット』があります。『パフなしのサンプル』もありますので、そちらを利用するといいですね(どちらも有料です)。

初めてならトライアルセットでお得にデビュー

ヴァントルテの製品は、通販と店舗で購入できます。

店舗は、現在ロフト、ショップイン、ハンズ、プラザなどで購入できます。が、全店で扱っているわけではありませんし、全商品を扱っているわけではないので、店舗に行く場合は調べてから行くことをおすすめします。

店舗の詳しい情報は、ヴァントルテ公式サイトの『店舗情報』から調べることができますよ。

 

私は、ミネラルシルクファンデーションを公式サイトから注文しました。

私が今回利用したのは『初回限定特別セット』。

ミネラルシルクファンデーションにパフがセットでついていて割引があるお得なセットです。

⇒ 現在は、初回限定トライアルセットの内容がかわっています。

サンプルの少量を2色注文できるようになっています。



色選びに配慮したトライアルセットになっています!

今のトライアルセットの内容もご紹介しておきますね。

ミネラルシルクファンデトライアルセットの内容
  • ミネラルシルクファンデーション2色 サンプル1g×2
  • ふわふわエアリーパフ

ファンデのケースは現品の方が使いやすいですが、色を知りたい方はトライアルセットがおすすめです!

>>シルクパウダーファンデーションの公式サイトを見る

ヴァントルテは、お得なシステムになっていて、詰め替え品も充実しているので継続して使うとお得に購入できていいですよ。

パッケージや梱包を簡素化することで、価格が安く設定できているようです。

確かに、届いた梱包はとっても簡素。でも高品質のものを価格を抑えめにしてくれているのは消費者のことを考えてくれていて嬉しいですね。

ヴァントルテは簡素といっても、シンプルで洗練された印象を与えます。私は好きです。

まとめ

今回は、肌にやさしいブランドヴァントルテのミネラルシルクファンデーションをご紹介しました。

毛穴が目立って隠したいと思っている人も、毛穴をナチュラルに隠すことができますよ。ぜひ使ってみてください。

合わせて読みたい記事

毛穴が目立つ肌におすすめの化粧下地のパンプリフティングベース。

>>クリックして、詳細記事を見る

 

毛穴に悩んでいる人に、毛穴対策をまとめています。

>>クリックして毛穴対策の記事を見る

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。