毛穴

詰まり毛穴・開き毛穴・イチゴ鼻などの毛穴問題を何とかしたい!乾燥肌・敏感肌の毛穴対策

毛穴を徹底ケアする方法まとめ

「なぜ私達はこんなにも毛穴を嫌ってしまうのか?」

毛穴に黒いブツブツを見つけたら、取り除かずにはいられない。昼時に毛穴落ちあれば、上からファンデを重ねずにはいられません。

でも、こんなに頑張っているのになぜ⁉なぜ毛穴は小さくなってくれないのでしょうか?

店頭には毛穴アイテムが多く並び、どれを選んだらいいのかわからないまま、手当たり次第アイテムを試していませんか?正しいケアをしなければ毛穴は大きくなってしまうこともあります。

毛穴ケアの情報に振り回されずに、自分の毛穴にあったケアを心がけることが大切です。

 

かつて、詰まり毛穴や毛穴の開きは、オイリー肌の悩みの1つでした。けれど今は、乾燥肌も敏感肌も普通肌も毛穴の開きや詰まり毛穴に悩んでいます。

毛穴ケアの商品には、オイリー肌用が多く、肌質的に私達『乾燥肌・敏感肌』には合わないものも多くあります。気をつけて選ばなくてははなりません。

 

また、肌タイプに限らず毛穴が大きいタイプの人がいるのも事実。

これ以上毛穴を大きくしないようにケアしながら、毛穴を目立たなくするメイクを取り入れてみてはどうでしょうか。

 

毛穴ケアの最大のポイントは、自分の毛穴タイプを知って適切なケアをすること。

これがキレイになる近道ですよ。

 

今回は、乾燥肌・敏感肌の毛穴ケアのポイントとケア方法を詳しくご紹介します!

何タイプの毛穴?

あなたの毛穴は何タイプでしょうか?

毛穴を観察してみましょう。

詰まり毛穴、開き毛穴、たるみ毛穴、黒ずみ毛穴、短くて黒い産毛

詰まり毛穴はやさしく洗う

詰まり毛穴の場合、まずは毛穴に詰まった汚れ(角栓)を定期的に取り除くといいでしょう。

角栓を詰まらせたままにしておくと、酸化して黒色になってしまったり、毛穴を大きくしてしまう原因になります。目立つ毛穴にしないために、定期的に毛穴ケアすることは大切です。

詰まり毛穴に悩んでいる人は、「角栓をとったら毛穴は自然に小さくなるもの」と思い込んでいる人が多いように感じます。角栓をとったとしても、ぽっかり穴が開いた状態になるだけ。時間が経つと自然にでてくる皮脂は、再び毛穴にとどまって、やがて角栓になります。

角栓は取り除いても一時的なもの。毛穴には皮脂と汚れによる角栓が再びできます

角栓ができなくなるわけではないことは理解しておきましょう

角栓をとったとしても、毛穴が小さくなるわけではありません。なので、角栓を取った後に冷やしたり化粧水で毛穴を引き締めるなどしても一時的に小さくなるだけで、実際に毛穴が小さくなるわけではありません。

 

とはいえ、これ以上毛穴を大きくしないためには、丁寧な毛穴ケアを継続する必要があります。

毛穴ケアに大事なことは、やさしい洗顔と保湿です。

 

無理に角栓をとろうとすると、周りの肌のバリア機能が洗い流されてしまい、さらなる肌荒れをおこしてしまう原因になってしまうのでやり過ぎは禁物です!

どんなに毛穴汚れが気になっても、肌荒れをおこしてしまっては、さらなる開き毛穴を増やすだけですから、強めの洗顔はおすすめしません。

スクラブ入りや洗浄力の強い洗顔料を使う必要はありません。

これらの毛穴洗浄用の洗顔料は、オイリー肌のためにつくられているので、脱脂力が強く肌荒れしやすい人や乾燥肌・敏感肌には不向きなんです。必要な皮脂まで落としてしまうので肌荒れの原因になってしまうことがあるので注意しましょう。

低刺激性の毛穴ケアを選んで、やさしく毛穴の汚れを落としましょう

低刺激性のものでも、毛穴汚れや皮脂をやさしくとってくれますから、上手く利用してください。

低刺激性で毛穴汚れをやさしく取り除いてくれる洗顔料

①酵素入りの洗顔料

酵素の働きを利用して毛穴汚れを溶かして落とすもの。

やさしいとはいえ、毎日使うのはおすすめしません。週に1~2回くらいの使用で、ゆるやかに毛穴汚れを落としていきましょう。

肌荒れしやすい人や敏感肌・乾燥肌におすすめの酵素入り洗顔料は、低刺激性のコラージュの洗顔パウダー。

泡立ちがよく、マイルドな洗いあがり。安定した酵素を使っているので、ぜひお試しください。

>>クリックしてコラージュ洗顔パウダーの詳細を見る

②ホットクレンジング

毛穴に詰まった皮脂や汚れを、じんわり温かいクレンジングで落とします。

おすすめは、ハレナの敏感肌用のホットクレンジング。美容液成分99%と敏感肌のために作られたホットクレンジングです。一般的なホットクレンジングは、洗浄力が強くて肌荒れしてしまった人もハレナはしっとりするように作られているので試してみるといいでしょう。

>>クリックしてハレナホットクレンジングの詳細を見る

③泡洗顔料

酵素洗顔料やホットクレンジングでも、乾燥したり肌荒れしてしまう人は泡洗顔料でやさしく洗浄するのがおすすめ。

泡洗顔料を使って毛穴汚れをやさしく落としていきましょう。優しく洗うことができる泡洗顔料はほぼ試していますが、余分な皮脂を落としてくれるのはカルテクリニティのモイストウォッシュ。まずは、やさしい洗顔を心がけてこれ以上の皮脂をため込まないようにしましょう。

カルテクリニティのモイストウォッシュのレビュー記事はこちら。

>>カルテクリニティモイストウォッシュのレビューを見る

毛穴パックは使ってもいい?

個人的には、毛穴パックはおすすめしません。肌に刺激を感じます。

ただ、毛穴パックによって、その時に毛穴に詰まっている汚れを取り除くことができるのは事実。黒色の角栓(酸化して黒ずんだ角栓)の場合は、使った方がいいかも。

ただし、根本的に角栓ができなくなるということではなく、今ある角栓を取るだけだということを理解した上で使いましょう。

もし、「明日は大事な日で角栓を見られたくない!」という人(デート、結婚式、アップでの撮影、合コンとか?)は、利用してもいいかもしれません。といっても、パック後に毛穴に皮脂が溜まりはじめますが…。

 

毛穴パックは、簡単そうに見えるかもしれませんが、実は使い方が難しい。はがすタイミングは使用方法をよく読んで注意して使用しましょう。パックが乾燥してしまうと角層がはがれてしまいます。

使い方が難しく肌に刺激になる毛穴パックを使わなくても、やさしく落とせる洗顔料を使う方がベターです。

 

ところで、よくあるのが、実は詰まり毛穴ではなく、黒く見えるのは毛穴のくすみや産毛だったという人も多いので、気をつけましょう。

毛穴の周りが黒くくすんでいる

毛穴が黒くみえるのに、よく見ると角栓は詰まっていないことがあります

それは毛穴の周りにできたくすみ、黒ずみ。毛穴の壁面のまわりのメラニンで毛穴が黒く目立ってしまっている状態です。

くすみケアを取り入れましょう。

毎日のケアで、楽にくすみケアを取り入れたいなら、スキンクリアクレンズオイルがおすすめ。肌のくすみの原因の1つである古い角層汚れを洗い流してくれる。しかも、古い角層汚れをつきにくくしてくれます。

主成分はエモリエント成分なので敏感肌や乾燥肌は試して欲しい。

>>くすみも毛穴もクリアに!スキンクリアクレンズオイルの詳細を見る

週に1~2回のスペシャルケアで取り入れたいなら、コラージュの酵素入り洗顔パウダーがおすすめ。角栓だけでなくくすみも落としてくれるます。もっちもちの泡が黒ずみ汚れをすっきり見せてくれる。

>>クリックしてコラージュ洗顔パウダーの詳細を見る

毛穴の影

加齢や遺伝によって毛穴が目立つタイプ。

ただの毛穴の影なのに、無理な洗顔を繰り返して肌を傷めないでくださいね。もし、頑張っているのに落ちない!と思ったら毛穴の影かもしれません。肌にハリを与えてくれるエイジングケアを取り入れて、毛穴の影を目立たなくするといいでしょう。

毛穴ケアは、やさしい洗顔と肌をしっかり保湿することが基本です。ふっくらとツヤのあるみずみずしい肌にすることで、毛穴を目立たないようにしましょう。

また、気になる毛穴はメイクで隠すことで対処しましょう。

黒くて短い産毛がはえている

黒い角栓と間違えやすいのが、黒くて短い産毛。

このタイプは、スキンケアなどではどうにもなりません。できることは、産毛を取り除くことだけです。

肌荒れの危険があるので、抜く方法はおすすめできません。

また、もともと短い産毛なので剃ることはあまり意味がありません。

できることは、産毛を脱毛すること

おすすめは、自宅で脱毛器を使ったケア。

脱毛器ケノンは、顔にも使いやすいように小さな口のカートリッジがあるのでおすすめです。簡単に短い産毛がはえてこなくなります。全身にも顔にも使えるので便利。

>>クリックして、「ケノン」公式サイトを見る

黒いポツポツとした産毛が見えなくなるだけで、肌がキレイになったように見えますよ。

たるみ毛穴と開き毛穴には保湿しかない

たるんで大きくなってしまったたるみ毛穴は、加齢によるもの。また遺伝的に開いた毛穴の人もいます。

そのような「たるみ毛穴と開き毛穴」の場合、私達にできることはたった2つ。

  • 保湿やエイジングケアで肌にハリを与え、ふっくらさせることで毛穴を目立たなくする
  • メイクで隠す

ハリがあってツヤのある肌は、毛穴を目立たなくしてくれます。キメが整った肌になるよう、保湿を重視したお手入れを心がけましょう。

開き毛穴やたるみ毛穴が気になると、さっぱりしたスキンケアで毛穴を引き締めたくなります。

しかし、肌荒れしやすい人、敏感肌や乾燥肌の人はさっぱり系のスキンケアを使うと保湿がたりず肌荒れの原因になってしまいますのでおすすめしません。

高保湿のスキンケアで、保湿は十分に行いましょう。

開いてしまった毛穴は、メイクで隠すことで気にならなくなります。

ニキビ跡による毛穴の開き

過去のニキビによってできた毛穴の開きは、肌荒れしやすい人が抱えている悩みではないでしょうか。

クレーターのように凹んだ形状のものや、深く陥没したものがあげられます。

 

これらは、メイクで目立たないようにすることができます。メイク法は後ほど解説しています。

メイクで隠していてもどうしても気になる場合は、美容皮膚科にいって相談してみましょう。

イチゴ鼻は形をチェック

イチゴ鼻に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。目立つ場所なので、気になりますよね。

まずは、イチゴ鼻の毛穴の状態をよく観察してみましょう。

  • 角栓が毛穴に詰まっている
  • 黒くて短い産毛が生えている
  • 毛穴の周りが黒くくすんでいる
  • 毛穴はきれいなのに、離れて鏡で見ると黒っぽくみえる

イチゴ鼻といっても、色んなタイプの毛穴があります。これまでの毛穴の対処法を見ながら対処していってくださいね。

もともと毛穴が大きいタイプ

遺伝的に毛穴が大きいタイプの人もいます。

そのような場合は、毛穴をこれ以上大きくしないようにケアすることが大切です。

そのためには、やさしい洗顔とたっぷりの保湿を心がけましょう。

毛穴を目立たなく見せるメイクで毛穴を隠すのもおすすめ。

 

それでも、どうしても毛穴が気になるという人は美容皮膚科で相談されるといいですね。

毛穴ケアのおすすめ化粧品

毎日のスキンケアに毛穴ケアできる化粧品を取り入れましょう。

毛穴ケアの化粧品として人気が高く乾燥しにくいおすすめ毛穴ケアをご紹介します。

セラミド配合化粧品のおすすめ2つ

❶ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX

毛穴ケアにおすすめ化粧品

毛穴ケア人気№1で数々の雑誌で1位を取得しているVC100エッセンスローション。

毛穴ケアとしてはお手頃価格で肌全体をケア。

まるで美容液のようなローションで、毛穴を引き締めてくれる上に、保湿力も高い逸品!

エイジングケアも一緒にできるので、幅広い年代に指示されている高保湿毛穴ケア化粧水。

>>ドクターシーラボ公式サイトを見る

 

❷ビーグレン毛穴ケアセット

黒ずみ毛穴と開き毛穴におすすめなのはビーグレンの毛穴ケアセット。

天然のクレイ配合の洗顔料で汚れを吸着し、浸透テクノロジーによって肌をうるおいで満たすことで毛穴を徹底的にケア。

毛穴に悩む肌を、毛穴レスに導いてくれると人気のビーグレン。

本気で毛穴ケアに悩む人におすすめ。



毛穴をメイクで隠す方法

毛穴はメイクで隠すことができますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

気をつけたいのは、厚塗りにしないことと、時間が経ったときにファンデーションが毛穴落ちしないこと。

化粧下地やパウダーを上手く使って自然に毛穴をカモフラージュすることを目指します。

◆毛穴を目立たなくする化粧下地

毛穴を目立たなくしてくれる化粧下地には2つのタイプがあります。

  • 乳液状の一般的な化粧下地
  • パテのように毛穴に埋め込むタイプの下地

毛穴のタイプによって使い分けます。パテは、鼻に使うと自然に毛穴を隠すことができます。頬の気になる部分に使う場合は、ごく少量使うといいでしょう。

化粧下地で毛穴を隠しておくと、ファンデーションだけで毛穴を埋めるよりも自然に仕上がります。

◆ファンデーションは軽めに

化粧下地で毛穴を隠した後は、ファンデーションを軽めに塗ります。

毛穴やシミなど隠したい部分だけにファンデーションをのせます。

おすすめはクッションファンデーション。上からポンポンと重ねるので化粧下地の崩れが少なくキレイに仕上がります。

厚塗りにすると、ファンデーションの毛穴落ちの原因になってしまうので、薄く仕上げるように心がけましょう。

◆仕上げにパウダー

パウダーは余分な皮脂を吸着したり、メイクもちを良くすることができるので毛穴が目立ちやすいタイプは積極的に使いたいアイテム。

ふんわりと軽い付け心地のパウダーをベースメイクの仕上げに使います。

毛穴をカモフラージュできるような、光を拡散するタイプやふんわり肌にのせるタイプのパウダーを使うといいですね。

色々試した結果、おすすめはミネラルパウダー。ツヤがあって粒子が細かく毛穴カバーに使えるアイテムです。部位で使い分けるのがベスト。

<鼻の開き毛穴>

鼻は顔の中で高さがあり、ハイライト効果を狙ってツヤがあるタイプを使います。鼻の開き毛穴は、針で刺したような小さな毛穴が多い。なので、細かい粒子でブラシを使ってのせるタイプがベスト。

おすすめは、オンリーミネラルのホワイトニングファンデーション。微粒子が皮脂と混ざり合うことでしっかり肌に密着。毛穴レス肌に見せてくれる。

>>【オンリーミネラル】デビューセットの詳細を見る

<頬のたるみ毛穴>

頬のたるみ毛穴が目立つ場所は、頬の低い位置なので、ツヤはあまり必要ありません。セミマットなタイプのパウダーがいいですね。

この場所がやっかいなのは、頬なので乾燥しやすいこと。しっとり系のパウダーを選びましょう。

おすすめは、肌を乾燥から守って1日中うるおいをキープしてくれるミネラルシルクファンデーション。シルクを配合することでしっとり感が続きます。セミマットな仕上がりで、ほどよいツヤ感がテカリになりません。付属のエアリーパフもやみつきになる気持ちよさ。

>>シルクパウダーファンデーションの詳細を見る

肌荒れしやすい人のNG毛穴対策

肌荒れしやすい人・敏感肌・乾燥肌の人は、オイリー肌と同様の毛穴ケアでは肌荒れの原因になってしまうことがあるので注意が必要です。

毛穴対策は、角栓をとれば解決するものではありません。無理にとることで悪化するケースも多いようです。

そこで、肌荒れしやすい人が特に注意してほしい毛穴ケアをあげました。

  1. ピーリング
  2. 毛穴パック
  3. 皮脂を抑えるタイプのスキンケア

1,2は、角層がはがれてしまったり、角層を溶かしてしまうので、肌荒れしやすい人や敏感肌さんはなるべく使ってほしくないケアです。

そもそも肌荒れしやすい人は、角層が薄かったりバリア機能であるセラミドがスカスカの状態なんです。そんな状態でピーリングや毛穴パックをすると、貴重な角層を傷つけてしまいます

3は、オイリー肌の人にはいいのですが、皮脂の分泌がもともと少ない乾燥肌や敏感肌、肌荒れしやすい人には向きません

むしろ乾燥肌や敏感肌は皮脂が足りていない状態なんです。そのような肌タイプの人が皮脂を抑えるようなスキンケアを使うと、肌の乾燥が進んで肌荒れの原因になってしまうこともあります。

まとめ

毛穴ケアと言っても、色々なタイプがあります。毛穴に角栓が詰まっているタイプ、加齢や遺伝的によって毛穴が開いているタイプetc..。

加齢や遺伝的なものであれば、保湿や肌にハリを与えるケアをしっかりして、メイクでカバーすればいい。現状を受け入れて適切な毛穴ケアをしましょう。

いつまでも強い毛穴洗顔などで肌を傷めつけていては、毛穴は広がるばかりです。やさしい洗顔で丁寧にケアしましょう。

肌荒れしやすい人・敏感肌・乾燥肌の人は、特にやさしい処方の毛穴ケアを心がけてくださいね。

合わせて読みたい記事

あなたの毛穴は本当に目立っているのでしょうか?もしかしたら、目立たないのに自分が気にしているだけかもしれません。こちらで毛穴などの肌質診断ができるアプリでチェックしましょう。

肌質診断できる無料アプリで美肌を目指す。きめ肌年齢や肌コンディションを知ってスキンケアに活かそう ただやみくもに美肌になりたいと憧れて、憧れの誰かが勧める化粧品を真似していても美肌には近づけません。 あなたとその人の肌質...

 

酵素入り洗顔料『コラージュの洗顔パウダー』のレビューはこちらの記事をご覧ください。

>>コラージュの洗顔パウダーのレビューを見る

 

ハレナホットクレンジングのレビュー記事はこちらをチェック。

>>ハレナホットクレンジングのレビューを見る

 

私のおすすめの毛穴を隠せるパウダーを紹介します。ポンポンするだけで、ふんわりカバーしてくれます。気になる部分は重ねてポンポンするだけ。ナチュラルにカバーできますよ。

レビュー記事はこちら。

肌の毛穴が目立つならシルク配合のミネラルシルクファンデーションでふんわり隠す お肌の毛穴が目立って悩んでいる人や肌の乾燥が気になる人におすすめなのは『ミネラルシルクフェイスパウダー』。 天然ミネラル成...
ABOUT ME
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。