洗顔料

ビーグレンの美白ケアをレビュー!ハイドロキノンとビタミンCのダブルケア

ビーグレン美白トライアルセットのレビュー

「年々増え続けるシミ」や「毛穴が大きくなりつづける肌」が嫌で嫌でたまらない40歳の私・・・

試行錯誤している最中なのですが…これすごい!と感じたスキンケアビーグレンに出会ったので紹介します!

 

ビーグレンの美白*ケアには、ビタミンCとハイドロキノンの両方のアイテムが入っているドクターズコスメのビーグレン。

使った後は、手の感触で毛穴がキュッと引き締まった感じ。

ツヤのある肌になって、まるで肌が発光しているようになりましたよ!

毛穴が気になる人、シミに悩んでいる人、肌にツヤがない人におすすめです。

 

今回は、そんなビーグレンの美白*ケアのトライアルセットを詳しくレビューします。

*メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

ビーグレンのホワイトケアはここがすごい!

ビーグレンは、悩み別にトライアルセットを試すことができます。私の悩みは美白。

シミや色素沈着をケアしてくれるシリーズ。

❶シミを徹底ケア

美白ケアとして着目したいアイテムは、以下の2点。

美白の注目アイテム
  • Cセラム
  • QuSomeホワイトクリ―ム1.9

まず、Cセラムですが、何と言っても「ピュアビタミンC」が配合されているところがいいですね。

配合の難しいピュアビタミンCを、ビーグレンの浸透技術QuSomeで包んで成分を安定させて角層に浸透させています。

 

次に、ホワイトクリ―ム。

ハイドロキノンが配合されたクリ―ムです。配合量は1.9%。

 

このように、2つの美白ケアアイテムを使うことで透明感のある肌に導いてくれるのがビーグレンなんですね。

 

❷汚れを吸着して化粧水の入りをよくするクレイ洗顔料

「モンモリロナイト」という天然クレイを、泡立てずに肌になじませて洗い流すだけという洗顔料。

この使用方法は驚きですよね。

でも、もっと驚くのは洗いあがりの肌!

この洗顔料で顔を洗ったら、肌がむき卵みたいにキレイになってびっくりでしたよ!!

モンモリロナイトがもつ、汚れだけを吸着する力で、余分な皮脂や古い角層を落としてくれるそうです。

ビーグレンの美白は敏感肌でも使える?

ビーグレンは独自の浸透技術『QuSome』によって、低刺激性を実現しながら肌への浸透をよくしています

 

例えばハイドロキノン

シミケアのトップともいわれる成分ですが、半面、刺激が強く敏感肌の使用は難しい成分です。

ビーグレンのハイドロキノン配合のクリ―ムは、1.9%という配合率もそんなに高くはないにもかかわらず、透明感のある発光したようなツヤ肌に導いてくれます。

これも、浸透技術QuSomeと融合させることで低刺激性を実現。

たしかに、使った感想は…穏やかな感触です。

 

でもね、私は肌荒れしてしまいました。以前、他のハイドロキノン配合化粧品で肌荒れしたこともあったので、合わない体質のようです。

私の敏感肌の友人は「肌荒れしなかった」ので、肌質によるみたい。使う場合は、パッチテストしてくださいね。

 

もう1つは、Cセラム

敏感肌さんによっては、ピュアビタミンCはピリピリとした刺激を感じる人もいますよね。

私がCセラムを使った感想は、これまで使ってきたピュアビタミンCの中でかなりマイルドな感触だと思いました。

これは、すごくおすすめです!

 

このように、ビーグレンは浸透技術Qusomeを取り入れることで、敏感肌にも使えるようになっているんですね。さすがドクターズコスメです。

ビーグレンの美白ケアのレビュー

ビーグレン洗顔料

洗いあがりは、ツルンとピカピカ肌に。

思わず肌を触って、鏡を何度も見入ってしまいました!

 

毛穴につまった汚れもキレイになるのは、モンモリロナイトという天然クレイ成分のおかげでしょうか。

モンモリロナイトは、肌の汚れや古い角質、参加した余分な皮脂を磁石のように引き寄せて落としてくれます。

クレイ洗顔ですが、洗いあがりはしっとり。

5種類の美容成分も配合されています。

ビーグレン化粧水

17時間保湿するという化粧水で、エイジングケア化粧水。

QuSomeアクティベートコンプレックスが、長時間肌に潤いをキープしてくれるそう。

 

残念なことに、私の場合は…肌が乾燥してしまいました。

 

成分を見ると、水溶性ビタミンC誘導体の「3-O-エチルアスコルビン酸」、両性ビタミンC誘導体の「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」が配合されています。

私の肌がすごくつっぱってしまったのは、水溶性ビタミンC誘導体の3-O-エチルアスコルビン酸のせいかもしれません。

水溶性のビタミンC誘導体は、私の肌はいつも乾燥を引き起こしてしまうので。

化粧水の使用をやめたら、肌のつっぱりはなくなりましたから、やはりこれが原因でした。

 

でも、肌にあう人にはいいみたい。保湿力が高いと人気の化粧水のようですから。

ビーグレンCセラム

ビタミンCを高濃度で配合した美容液で、超極小カプセルに包みこまれたピュアビタミンCが角層のすみずみにいきわたります。

つけると肌がじんわりと温感をもって、肌になじんでいきます。

 

つけた後は、キメが細かくなって、毛穴がキュッと引き締まったみたい。

しかも、高級美容液を使用したような肌ツヤ

 

ただし、つけすぎると肌が乾燥してしまうので注意。

これは、ビーグレンのトライアルに添付された情報誌にも書いていました。

  Cセラムには、皮脂をコントロールする働きがあるので、つけ過ぎると肌のツッパリを感じる場合もあります。使用料を守ることで、効果を発揮します

b.glinish!より

適量が少ないので、こんなにちょっとでいいの?と足したくなりますが、注意です。

ほんの少しでも、十分なんです!

朝Cセラムを使ったら、日中は日焼け止めをお忘れなく

ビーグレン ホワイトクリ―ム1.9(ハイドロキノン配合)

ハイドロキノンが配合された夜用クリ―ム。

穏やかな使用感です。

しっとりするクリ―ムといった感じ。

 

事前のパッチテストは必須です。

ビーグレンモイスチャーリッチクリ―ム

肌にハリとツヤをもたらしてくれるのは、このリッチクリ―ム!

かなり保湿力が高く、肌がパンっとハリが生まれます。

エイジングに悩む肌の人におすすめです。

肌がすごくうるおいます!

ビーグレンが買えるところ

ビーグレンの公式サイトから購入できます。

まずは、初回限定のトライアルセットで、肌にあうかどうかを試してみませんか?

ビーグレン ホワイトケアの公式サイトを見る

トライアルセットには、次から使えるお得なクーポンも入っていました。

1,000円オフ。

とても気に入っている『Cセラムとクレイ洗顔料』を買おうかなと検討中です。

まとめ

低刺激性を実現したハイドロキノン配合のクリ―ムは、敏感肌は警戒しつつ肌にあえば使えるので試してみる価値はあります。

高配合というわけではないので、比較的使いやすいですよ。

Cセラムは使用感が穏やかなビタミンC美容液なので、他の市販のビタミンC美容液でダメだったという方にもおすすめです。

お肌がピカピカになるビーグレンでシワもシミも両方ケア

ビーグレン公式サイト

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。