美容食品

甘酒は美容にも夏バテの疲労回復にもおすすめ

甘酒は、スーパーだけでなくコンビニでも扱うようになり、日本のポピュラーな健康ドリンクとして多くの人に飲まれています。

寒い季節に温めて飲むものというイメージがありますが、昔は夏の疲労を回復するために飲まれていたようです。暑さが続いて疲れてしまった時、甘酒で元気をチャージしましょう。

甘酒は美容にもおすすめ

甘酒には2種類、美肌には麹で作った甘酒がおすすめ

甘酒には、2種類あります。お店ではどちらも同じ甘酒として売られているのですが、原料や効能が違います。

1.麹・もち米・水

2.酒粕・砂糖・水

私がおすすめするのは、美肌や疲労にいい1の方です。砂糖が使われていないというところも、おすすめポイントです。米麹の発酵によって甘くなっているだけなのですが、甘味が強く、小腹がすいたときのおやつとしても満足できます。私は麹の甘酒を時々作るのですが、自分で作るときは、ヨーグルトのような硬さで仕上げて食べるようにして頂いています。お店で売っている甘酒はドリンク状ですから、少し違った感覚なのですが、美味しいです。米麹の甘酒なら、糖質制限している人も安心して食べられますね。

購入するときは、原材料名をチェックして購入しましょう。

以降は、1の米麹の甘酒についてご説明します。

甘酒は何がいいの?

  甘酒にはブドウ糖をはじめ天然型吸収ビタミン群や必須アミノ酸が豊富に含まれ、これらの成分は点滴に匹敵します。

引用元:福光屋

甘酒を製造している酒蔵の福光屋さんによると、甘酒にはブドウ糖、ビタミン群、アミノ酸が含まれていることが分かります。

ビタミンB1・B2・B6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれている。

引用元:Wikipedia

こちらには詳しく成分がのっていました。いくつかのサプリメントを1度に摂取しているような感じですね。

正直、この成分が点滴かというと違います。そもそもひと言で点滴と言っても点滴にも色んな種類があるので微妙ですし。

とはいえ、きっと甘酒は栄養たっぷりなんだよというために、誰かが言ったことなのでしょう。

美肌になれる?

お肌にいいと言われているのは、ビタミン群やブドウ糖が含まれているからです。ブドウ糖は腸内の善玉菌のエサになるので、善玉菌が増えることにより、腸内環境が改善し、美肌に効果があると言われています。

腸内環境の改善は、体にとっていいことばかりで、近年よくテレビなどでも話題になっていますね。

逆に、悪玉菌が増えてしまうと、太りやすくなったり、肌が荒れる、口臭がくさくなる、便秘になるなど、体に悪影響がありますので、心当たりのある人は、善玉菌が増えるように甘酒を飲んではいかがでしょうか?飲み続けると腸内環境は改善できますよ。テレビでよく実験していますが、1週間以上続けていますよね。やはり、継続することが大切なのだと思います。辞めてしまうと効果もなくなりますから。その点、甘酒は飲むだけなので、続けるのは簡単にできます。

キレイになるために、サプリメントをとるよりも甘酒を飲む方が効果があると思いますよ。

夏バテ防止・疲労回復に

江戸時代から、夏バテ防止・暑気払いとして飲まれていたようです。甘酒に含まれるビタミン群に加え、善玉菌が生成するビタミンB群は疲労回復に効果がありますので、夏バテ防止や暑気払いとして飲まれていたことは理にかなっています。

昔から飲まれていた甘酒は、夏に飲む栄養ドリンクとして、現代の私達の疲労も回復してくれます。

甘酒は腸内環境を整えてくれる

腸内環境を整えると、体と美肌そして疲労回復を助けてくれることがわかりました。甘酒で、手軽に腸内環境を整えられるなら、1日1杯の甘酒を飲むことを習慣にするとよさそうですね。

夏の疲労回復、美肌、健康などキレイになれる効果が高い甘酒を続けてみましょう。

 

甘酒はそのまま飲んでいると、飽きてしまいます。アレンジレシピはこちらの記事にあります。

夏バテ気味なので甘酒を作りました。甘酒を使ったレシピをご紹介します暑くて、早くも夏バテしてしまいました。まだこれからが夏本番なのに・・・ 食欲もやる気もない状態ですが、元気になるために、甘酒を作り...

 

 

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。