美容食品

作った甘酒に近い味。伊豆フェルメンテの純甘酒

お店で販売されているものは、そのままでも飲みやすいように薄めてあります。

ただ飲むだけでも、体にいいのですが、料理にも使うとなると自分で作った濃厚な甘酒が必要です。

でも、いつも作りおきできるわけではありませんよね。

自分で作ったような味の、濃厚なあま酒を見つけました。

まるで手作りの味。濃厚な甘酒

フェルメンテの甘酒

伊豆フェルメンテという会社で製造されている甘酒です。

近所のスーパーで見つけたのですが、手作りの甘酒にすごく近い味です。

料理にも使える濃厚さ。

HPでは、こちらの甘酒を『濃縮2倍タイプ』と書いてありますが、自分で作る甘酒に近いので濃縮だとは思いません。

むしろ、ドリンクとして売られている甘酒が、薄めてあるんですよ。

原料は、米麹・米・食塩のみ。

よく見かける、薄い味のドリンクタイプの甘酒とは全く違います。

フェルメンテの甘酒のつぶ

粒も残っているので、本当に手作りっぽい。

ドリンクにして飲むときは、薄めて飲みます。

甘酒の色々な飲み方・料理の利用法は、こちらの記事にあります。

夏バテ気味なので甘酒を作りました。甘酒を使ったレシピをご紹介します暑くて、早くも夏バテしてしまいました。まだこれからが夏本番なのに・・・ 食欲もやる気もない状態ですが、元気になるために、甘酒を作り...

上記の記事で書いているレシピは、手作りの甘酒のレシピです。

水でかなり薄められているドリンクとしての甘酒は、料理には向きません。

でも、伊豆フェルメンテの甘酒なら、料理にも使えます。

やっと見つけた!という感じです。

手作りの甘酒と比べてみました

私が、作った甘酒と比べてみてもそんなに違いはありません。

私の作った甘酒フェルメンテの甘酒との違い

左が、私が作った甘酒。右が伊豆フェルメンテの甘酒。

色が違うのは、光の具合によるものです。どちらも黄色っぽく、色合いは似ていました。

私は、甘酒好きなので、今まで色々な種類の甘酒を飲んできましたが・・・

この粒の感じや濃厚さなど、手作りの味がするのは、このフェルメンテのあま酒だけでした。

甘酒好きには、たまりませんね。

家庭で料理やドリンクとして利用するのに向いていると思います。

パッケージが袋なので、開封したら、タッパ等に入れて早めに使い切りましょう。

これ一袋で、400gなのですが、ドリンクにするときは倍量で薄めて飲むので、かなりもちがいい。

夏バテにも美容にも甘酒はいいので、甘酒生活を続けています。

甘酒は美容にも夏バテの疲労回復にもおすすめ甘酒は、スーパーだけでなくコンビニでも扱うようになり、日本のポピュラーな健康ドリンクとして多くの人に飲まれています。 寒い季節に温...

金額的にも高額ではないところも続けやすい。肌が荒れやすい人は、肌に良いものを続けていきましょう。

継続は力なり。

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。