ムダ毛処理

ムダ毛処理をカミソリで行う場合の注意点!肌荒れを防ぐために気をつけるべき5つのポイント

カミソリでムダ毛を処理したあとに、皮膚が赤くぽつぽつと盛り上がったり、赤くなったり、痒くなったり、痛くなったことはありませんか?

 

それは、『カミソリで肌荒れをおこしている状態=カミソリ負けです。

せっかくムダ毛を処理しても、肌が荒れてしまってはショックですよね。

さつき
さつき
キレイになるために処理しているのに肌荒れしてしまったら残念!

カミソリでのムダ毛処理は肌の角層を落としている行為ですから、肌に負担がかかるものです。

ムダ毛処理を失敗しないで行うには、少し手間をかけてあげる必要があります。

今回は、肌荒れしないムダ毛処理のコツを5つご紹介します

1.ムダ毛処理のカミソリの選び方

ムダ毛処理カミソリの選び方

多くの種類のカミソリがありますが、選ぶ時はカミソリの種類をチェックしましょう。

◆敏感肌用のカミソリを使う

手軽に剃れるカミソリとして石けん付きのカミソリがありますが、この石けんが肌荒れを起こす原因になってしまうことがあります。

必ず敏感肌用のものを選びましょう。

 

◆部位にあったカミソリを使う

顔用、ボディ用、ビキニライン用など剃る部位によってカミソリの種類が分かれています。ボディ用で顔を剃ったり、顔用でボディを剃ったりしないでください。

例えば、T字カミソリで顔を剃ってしまうと、顔の凹凸やぼこぼこした部分を削り取ってしまうことになります。顔って結構ぼこぼこなんですよ。

顔の場合は、L字カミソリですね。

違う部位のカミソリを使って剃ると、剃りにくいため、何度も剃ってしまったり(重ね剃り)、肌を痛める原因になります。

2.カミソリは新しいものに交換する

切れ味が悪くなったカミソリを使い続けると、何度も同じ場所を剃らなければならないため、肌への負担が大きくなります

何度も同じ部分を剃ると、ムダ毛だけでなく皮膚もけずれてしまうので、肌荒れをおこしてしまう原因になるので注意しましょう!

 

また、どんなに気をつけても、カミソリは不衛生になりがち。

雑菌が繁殖してしまうので、こまめに変えてあげましょう。

清潔にすることが大切です。

 

ところで、ドラッグストアで3本200円~くらいで売っているカミソリは、使い捨てです。

何回も使わないでくださいね!

3.剃る前の事前処理をする

カミソリで剃る前に、肌を保護してからカミソリを使います。

くれぐれも、お風呂やシャワーついでに濡れた肌にカミソリでムダ毛を処理して終了、なんてやめてくださいね。肌荒れしてしまいます!

事前処理の方法

  1. 肌を軽く石けんなどで洗って清潔にしておく
  2. タオルで水分をふく
  3. クリ―ムやシェービング剤をつける

クリ―ムやシェービング剤は、肌のすべりを良くするために使うので、多めに肌につけます。

乳液は、肌になじんでしまうのでおすすめしません。

また、クリ―ムよりもシェービングジェルで保護した後に、ムダ毛処理をした方が肌への負担を減らすことができます。肌の滑りがよくなるだけでなく、毛を柔らかくしてくれるので剃りやすくすることができます。

カミソリでシェービング剤でムダ毛処理する方法

男性のシェービングジェルは多く見かけますが、女性用のシェービングジェルはあまりみかけないかもしれません。

カミソリムダ毛剃りの前処理シェービングジェル

私の行くドラッグストアでは、カミソリ売り場の近くにシェービングジェルを置いていました。1~2本と種類は少ないのですが、探すとありますのでチェックして!

剃った後よりも、むしろ剃る前の処理の方が大切です。

痛めた肌を保護するよりも、肌を痛めないようにすることの方が肌への負担が少ないからです。

4.逆剃りをしない・なるべく重ね剃りをしない

ムダ毛の剃り方は、毛の流れに沿ってカミソリを滑らせます

ムダ毛が多い人や剛毛の人は、毛の流れに逆らって剃る人『逆剃り』をしている人が多いのではないでしょうか?

実は、この方が剃りやすいので、逆剃りしてしまいがち。ですが、肌への負担が大きいので、やめましょう。

逆剃りもできるカミソリ(行き来するタイプのカミソリ)も売っています…便利だと思うかもしれませんが、肌への負担は大きいのでおすすめしません。

 

同じところを何度も剃る、『重ね剃り』は肌へ負担がかかります。

気が付いたら、剃った部分が赤いポツポツになるほど肌を剃っている…ということも。

さつき
さつき
肌を削ってるってことだから気をつけないと!

ムダ毛処理で肌荒れしやすい人は、つい力が入っているのかも気をつけてくださいね。

5.ムダ毛を処理した後は肌を保護する

カミソリでムダ毛を処理した後は、乳液・クリーム・ジェルで肌を保護しましょう

手持ちのボディクリ―ムで大丈夫。

力を入れたり、重ね剃りなどで肌に傷がついた部分などを保護します。目には見えなくても、肌に負担になっているものです。

カミソリによるムダ毛処理で肌荒れをおこさないためには、ケアに少し手間をかけてあげてください。

シェービングジェルをつけたり、保湿剤を使ってやさしくケアしてあげましょう。

カミソリが肌にあわない人もいる!

カミソリでの処理は、ムダ毛処理の鉄板。

手軽だし、「初めてのムダ毛処理はカミソリ」という人も多いのではないでしょうか。

 

でも、カミソリによる処理は肌を削る行為ですから、肌荒れしやすいものなのです。

もともと肌荒れしやすい人や、敏感肌の人は角質層が薄い人が多いのでカミソリによる処理によってより肌荒れをおこしてしまいます。

そのようなタイプは、電動シェーバーや脱毛器などで、肌荒れしないムダ毛処理を選ぶことを検討しましょう

 

私は肌荒れしやすいので、カミソリでムダ毛を処理していた時は、気をつけていたのに、よく赤いブツブツができていました。

特に、生理前はカミソリを使うと肌荒れすることが多かったですね。また、敏感肌用の除毛剤も肌荒れして使うことができませんでした。

ムダ毛処理に限界を感じて、色々調べた結果、私が選んだのは『自宅でもできる脱毛器ケノン』。

最初は半信半疑だったのですが、今ではムダ毛処理による肌荒れとは無縁になりました。というか、今ではムダ毛処理が必要なくなりました。

薬剤などを塗る必要もないので、肌に負担になりませんし、本当に楽!!

同じようにムダ毛処理による肌荒れで悩んでいる人は使ってみて!

⇩家庭用脱毛器の定番⇩

家庭用脱毛器ケノンの公式ページ

顔のムダ毛にも使えるので便利でしたよ。

いつも肌荒れしてしまう人は脱毛器を検討して。

まとめ

カミソリでのムダ毛処理の方法をご紹介しました。

肌荒れの原因になりやすいカミソリでのムダ毛処理は、肌を十分ケアしてあげてくださいね。

ただ、あまりにもカミソリでのムダ毛処理で肌荒れしてしまう人は、電動シェーバーや自宅でもできる脱毛器などカミソリ以外のムダ毛処理を検討した方がいいかもしれません。

合わせて読みたい記事

ムダ毛といえば、最も気になる顔のひげ・産毛処理。

1番目立つところだから、きちんとケアしておきたい。ひげが気になっている人はチェックしてほしい。

顔のひげ産毛ムダ毛処理の方法
顔のムダ毛は意外と目立ってる!お家でできる簡単な処理方法【女性】 顔のムダ毛「少しくらいなら大丈夫かも」と思って放置していませんか? それ、意外と目立っていますよ。 おしゃべりをして...

 

ムダ毛を処理したら、日中は日焼け止めをしっかりぬりましょう。

ボディ用の日焼け止めで肌色補整してくれる日焼け止めがおすすめ。肌の色ムラを整えてキレイな肌にみせてくれますよ。プチプラでドラッグストアで買えます。

全身に使えるコントロールカラー効果のある日焼け止め『スキンアクア トーンアップUVエッセンス』全身用の日焼け止めは、毎年買い替えるのが楽しみ。 それは、敏感肌にとっては比較的肌が強い部分である「ボディ」だから。 ボディ...
ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。