ボディ

【ヴァセリンのボディローション】で触れたくなるみずみずしいボディを手に入れる!

体の乾燥は、気にしない人が多いかもしれません。

特に冬は洋服で隠れているし、自分でも見る機会が少ないから。

 

でも、気温が温かくなってくると気になり始めるのが『体』の乾燥。

タイツをはかない季節になると気になるのがひざや脚の乾燥。半袖になると気になってくるのが腕やひじの乾燥ですね。

薄着の季節になる前に、体をケアしておきましょう。

 

一年中、全身をケアしてこそ素敵な女性なのかもしれませんが・・・現実は厳しい。

忙しい日々を送っていると、人目につかない体のケアは後回しになってしまいますよね。

 

私自身、冬は体のケアを怠っていたのですが・・・今年度は体が乾燥し始めました。

年を重ねると、確実に肌は乾燥に傾いていくんですね。

 

そこで、色んなボディクリ―ムやボディミルクを試したのですが、特に使いやすくおすすめのボディミルクをご紹介します。

アドバンスドリペアボディローション

ヴァセリン ボディローション

あのVaselineのボディミルクです。

名前は、ボディローションとなっていますが、実際にはなめらかなミルク。

軽い付け心地で、肌になめらかに伸びていきます。

かなり伸びが良くて、肌にすっ~っと浸透します。

肌に伸ばした後は、なじみがよくベタつきはありません。

 

体に使うものは、使用後ベタつくものは嫌ですよね。

ボディミルクを使うのは、お風呂上りがほとんど。使った後にパジャマなどを上から着ることを考えると使った後の感触がさらっとしているものがベストです。

Vaselineのボディミルクはまさにそんな理想的な使い心地。

 

潤い感はというと、しっとりした肌が長く続きます。肌が保湿され、やわらかな肌になります。

 

もう一つおすすめのポイントが、ボトルの形状

使いやすい容器のボディローション

ワンタッチで、使いやすい。

さらに、逆さにして置いておくこともできるので、残量が少なくなった時も最後まで使うことができます。小さなことなのですが、ボディミルクは1度に使う量が多く、早く無くなってしまいます。逆さにして置いておけると、使うときにミルクが簡単に出てくるので使いやすいのです。

 

ところで、Vaselineというと、半透明の硬いテクスチャーが思い出されますよね。ですが、このミルクは別物。

主な保湿成分はグリセリンで、成分も全く異なっています。

ですから、ワセリンのベタつくテクスチャーが苦手な人でも、このボディミルクは大丈夫だと思います。なめらかに伸びて、肌にすっと浸透するので使いやすいですよ。

感想

年齢を重ねていくと、顔の乾燥だけでなく、体も乾燥し始めるので、ひじ・ひざ・すね・腕なども保湿が必要です。

また、年齢を重ねると、下半身が乾燥しがちになるようですから、ひざ・すねなど脚の保湿を念入りにしていきましょう。


「スキンケアの科学」という本で、肌について調べたのですが、とても興味深い本でした。

保湿の重要性について考えるきっかけになりました。

気づいていない人も多いかもしれませんが、人は年齢を重ねると下半身から乾燥していくそうです。

参考にした文献。

また、ワセリンよりもグリセリンの方が保湿効果が高いようですから、アレルギーなどがなければ、検討してもいいと思います。

 

今回紹介しているボディミルクはグリセリンが主成分ですから保湿効果が期待できます。

実際、塗った後の肌はさらっとしているのに乾燥しにくくなりました。

 

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。