日焼け止め

肌にも影響が!簡単にできるブルーライトカット対策

春からは紫外線が気になる季節。

UVカットの乳液やクリ―ムで対策は始めていますか?

 

ここ数年は、スマホやパソコンによるブルーライトにも紫外線と同様に注目が高まっています。

ブルーライトは目だけでなく、肌へも影響することが分かってきています。

気にはなっていたものの、まだブルーライト対策をしていなかった私。でも、スマホやパソコンを毎日長時間使っているので、今年はついにブルーライト対策をはじめることにしました。

ブルーライトによる肌への影響

ブルーライトによる目の疲れやドライアイなど、目への影響は聞いたことがありますよね。

眼鏡屋さんでも、ブルーライトカットの眼鏡が販売されています。パソコンを使うお仕事をしている人の中にはブルーライトカットの眼鏡を利用している人は多いのではないでしょうか。

 

そんな中、ブルーライトの肌への影響が数年前からささやかれるようになってきました。

ブルーライトが色素沈着を引き起こしたり、老化を促すというもの。

 

ブルーライト研究会のHPによると、マウスによる実験で、ブルーライトが紫外線同様に活性酸素を発生させ皮膚老化を起こすことが分かった論文が発表されている記事が掲載されていました。

 

ブルーライトもカットできる日焼け止めコスメが続々と発売されるわけですね。

私もこれから発売される予定のコスメを楽しみにしています。

というわけで、ブルーライトカットデビューが遅くなってしまいましたが私もついに今年から始めました。

 

私が行っている対策を2つご紹介します。

  1. ブルーライトもカットできる日焼け止めを使うこと。
  2. アプリでブルーライトを軽減すること。

ブルーライトもカットできる日焼け止めを使う

【ランコム UVエクスペールXL CCC】

ランコムは、2016年に初めてブルーライトによる肌への影響に着目した日焼け止めを発売。

ブルーライトカット対策コスメにランコム

SPF50 PA++++、30ml 5,800円(税抜)

3色展開(ライトベージュ、ナチュラルヌード、フレッシュローズ)

 

私が購入したのは、3(ナチュラルヌード 標準的なオークル)。

標準的なオークルとありますが、少し色は濃い目。

日本人の標準色の感覚よりは少し濃い色かなと思いました。

色白さんは、ライトベージュがおすすめです。

 

肌色が日本人の標準より濃い目の私には、色がぴったりでなじんでいました。

カバー力が高く、シミも隠れます。

 

クリ―ムをつけた直後は色見はぴったりですが、時間が経つと少しくすみが気になります。

 

私は対策として、目の下や頬の高い部分にエレガンスのベージュの下地を薄く重ねています。

すると、肌がくすまず1日中良い感じに。

エレガンスの下地とも相性はいいようです。

 

とはいえ、夏になると肌色が黒くなってくるので、この色味が丁度良くなると思います。

 

テクスチャーは硬めですが、肌に伸ばすとぴたっと密着。カバー力がかなりあります。

ただ、硬さがあるため…つけすぎるとムラになってしまいます。毛穴に入り込んでムラになることも。

 

塗るときのコツは、手のひらで広げて薄く肌に伸ばしていくこと。スキンケア直後のまだ湿った状態の肌に使うこと。

 

気になるのは、毛穴がちょと目立つかな。

私は、エレガンスのパンプリフティングという下地を重ねているのですが、毛穴を見えにくくしてくれます。なのでランコムのCCCクリ―ムの上から重ねると毛穴も目立たないし色もくすみません。

私はさらに上から、クッションファンデーションを頬の気になるところだけにポンポン。

ファンデーションをほとんど塗る必要がなくなりました。

カバー力があるのに、ナチュラルについています。

PCはブルーライトカットのアプリをインストール

PCには、ブルーライトカットのアプリをインストールするのがおすすめ。

私は、『f.lux』(エフラックス)というアプリをインストールしています。(無料)

日中や夜間など時間によって自動的にブルーライトカットの強さが変わっていきます。この機能が使いやすくておすすめですよ。もちろん、写真やデザインなど色味を変更する場合はブルーライトカットの色味が邪魔になりますよね、そんな時も大丈夫。1時間ブルーライトカットを停止なども可能です。

 

f.luxのダウンロードサイトは英語表記なのですが、日本語で詳しくレビューして紹介してくれているサイトがありますので、そちらを参考に。

サイト名 『freesoft100』

f.lux(エフラックス)

スマホにもブルーライトカットのアプリがあります。

が…

スマホのブルーライトカットのアプリはブラウザを提供するスタイル。そのブラウザのみがブルーライトカットされるしくみになっています。ちょっと不便だったので、私は使っていません。

 

私はiphoneユーザーなのですが、『Night Shift』という機能から簡単にブルーライトカットが可能です。

iPhoneの設定でブルーライトカット

『設定』―『画面表示と明るさ』―『Night Shift』

こちらで、画面を設定するとブルーライトを軽減できます。

参考にさせていただいたサイトはこちら。

ただし、全てのiPhoneシリーズで使えるわけではありませんのでご注意ください。

こちらのサイトで、Night Shiftが使えるiPhoneのシリーズなどを詳しくまとめてくださっています。使い方もかなり詳しく書かれています。

 

せっかくiPhoneを使っているのなら、このモードをぜひ使いましょう。

感想

パソコンやスマホを使っているうちに、肌老化が進んでしまった・・・何てことにならないように、対策をしておきましょう。

 

私は、スマホやPCの画面にブルーライトカット対策をしたら、目がとても楽になりました。

初めは暗いかな?と思ってもすぐに目がなれます。

肌への影響はすぐにわかる事ではありませんが、老化を進めてしまうのは全て避けたいですよね。

いずれも簡単にできることなので、ぜひ取り入れてみてください。

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。