化粧下地

日焼け止め【エリクシールホワイト デーケアレボリューション】を試してみました

エリクシールホワイトデーケアレボリューション

エリクシールホワイトのデーケアレボリューションを使い始めて、1か月半が経ちました。

上記の写真は、1か月半使った状態ですが、半分くらいなので、もう1か月くらいはもちそうです。

エリクシールホワイトの日焼け止めを使うのは今年が初めて。

 

エリクシールホワイトデーケアレボリューションの使用感

エリクシールのテクスチャー

乳液のようなテクスチャー。手を傾けると、垂れて流れます。そのくらいの粘度ですが、さらっとしているわけではありません。

  • 肌への伸びがよく、伸ばすと透明になる
  • 乳液の様なテクスチャー
  • 白浮きはなし
  • 塗ると艶がある。下地としての効果というのは艶のことかな。
  • パール感はなし
  • 透明になるので、肌補正の効果はなし
  • 化粧崩れなし

私は、夏は暑くて軽めの使用感が好きなので、このくらいのテクスチャーで十分でしたが、超乾燥肌の人は、少し物足りないかもしれません。

私は、1日中エアコンの室内にいますが、特に乾燥することはありませんでした。化粧崩れをおこすこともなく、快適な付け心地です。

先日、外のプールで使ったのですが、塗っていないところは、真っ赤になっていました。

 

私は、この日焼け止めの上に、エスティローダーのダブルウェアステイインをつけています。化粧崩れすることなく、相性はいいと思います。

夏になったら、崩れにくいファンデーション【エスティローダー ダブルウェアステイイン】がおすすめ 毎日暑い日が続きますね。 外に出かけると、暑さで汗が吹き出します。ファンデーションが崩れたり、毛穴落ちしていたり・・・と夏...

メイク崩れしないので、いつも化粧直しをする必要がなくて、楽です。

化粧水の後にすぐにつけること

『化粧水の後はこれ一本で日中も美白ケアは完了。』とのこと。

乳液&UVケア&化粧下地の機能をこれ一本でまかなえます。

時短なので、忙しい人にもおすすめです。

 

が、時短というだけでなく、ケミカルの日焼け止めは、どうやら化粧水の後すぐに付けた方が成分的に安心なのだそうです。

 

コスメティックス事典の、日光と肌の章にて、『サンスクリーンを科学する』として以下のように述べられています。

サンスクリーン内の紫外線吸収剤が、こうした予期せぬ化学反応から有毒物質を生成しないようにすることが不可欠です。~ また、念には念を入れ、モイスチャークリームのような他のコスメティックス製品の上からはサンスクリーンをつけないようにして下さい。コスメティックス内の成分が強力な紫外線吸収剤と反応して、どんな望ましくない相互作用をおこすともしれないからです。

引用元 コスメティックス事典

実は、私は最初、化粧水の後にすぐ日焼け止めを塗るのが不安で、dプログラムのエマルジョンの後に、日焼け止めを使っていました。

乳液で肌を保護した方が肌に優しいだろうと思って、乳液を日焼け止めの前に使っていましたが、紫外線吸収剤の化学反応を防ぐためには、余計なものを使わない方がいいんですね。

 

使用方法は、注意深く読んで使っていきたいと思いました。

もし、紫外線吸収剤を使った日焼け止めを使っているのに乳液などを使っていて、肌が荒れたことがあるのなら、乳液の使用をやめてみるといいかもしれません。※個人差がありますので、一概にいいとはいえません

 

化粧水の後にこれ一本とか、洗顔の後にこれ一本と記載しているものに関しては、使用方法を守ることも大事なんですね。

 

敏感肌だからと色々心配して、余計な乳液をつけていましたが、心配しすぎたようです。

ケミカルで肌荒れしたら、ノンケミカルを選んでみる

ケミカルの日焼け止めで肌荒れをした場合は、ノンケミカルという選択しもあります。

紫外線吸収剤を使うケミカルに対して、紫外線吸収剤を使わない方法をノンケミカルと呼んでいます。代わりに紫外線散乱剤を使って紫外線を防いでいるものです。が、まれにそれケミカルじゃない?というノンケミカルもあるので注意してくださいね。

 

ノンケミカルといわれる日焼け止め剤は、主に紫外線散乱剤を使っていて、白い粉です。粉を使って物理的に紫外線を反射しているしくみです。なので、白浮きしてしまうものが多いのですが、近年はナノレベルまで小さくした粉体で白くなりにくくなっています。

最近は、洗顔料で簡単に落とせます、と謳っている製品を多くみかけますが、どうなんでしょうか?

2017年の1月に出版された『化粧品成分表示の読み方手帳』には、紫外線散乱剤の日焼け止めについて以下のように述べています。

粉が小さいだけに、肌のキメに入り込むこともあるので、クレンジングでしっかり落とすことが大切です。

引用元 化粧品成分表示の読み方手帳

 

白浮きが少なくなった代償として、クレンジングでしっかり落とさなければいけないようです。

ノンケミカルを選んだ場合も、クレンジングで日焼け止めを落とすことを忘れずに。

 

敏感肌さんや肌荒れしやすい人におすすめのノンケミカルの日焼け止めのまとめ記事はこちら。実際に使って良かったもの、それから気をつけた方がいいポイントなどをまとめています。

肌荒れ中や敏感肌におすすめの日焼け止め&選び方まとめ 日焼け止めを1年中塗ることは、肌のために当たり前になりつつあります。くもりの日も冬も日焼け止めはマストということ。 それは...

日焼け止めは、使ってみて好みで選ぶ

私はノンケミカルのものもケミカルのものも両方使ったことがあります。選ぶ時は、肌にあうか、そして使い心地で選べば良いと思います。

 

ノンケミカルのものは、白浮きが少なくなったとはいえ、もともと色黒の私には白くなってしまって、塗った後の顔が好きになれません。

また、塗ったあとの毛穴が詰まったような、あの白い粉が張り付くように覆われた感覚が苦手です。

顔だけでなく、腕などに塗った時もボディソープでは落ちていませんでした。白い粉が肌に所々ついていました。

また、私は過去にノンケミカルの日焼け止めで肌荒れをおこしたことがあります。

今思えばしっかりクレンジングできていなくて毛穴詰まりを落としていたのかもしれません。

クレンジング不要・洗顔料だけで落とせると書かれていても、クレンジングを使って落とした方が良いですよ。

敏感肌=ノンケミカルというイメージに惑わされずに選びたいですね。

ノンケミカルということばのイメージに惑わされずに自分で見極める

私は、敏感肌だからノンケミカルじゃないといけないんじゃないか?と思いこんでいました。

なので、ノンケミカルの日焼け止めで肌荒れをおこしたときは、いったいどうすればいいのかわかりませんでした。

ですが、それは思い込みでした。

最近、化粧品に対してもっていた思い込みを払拭してくれた本があります。

化粧品成分表示のかんたん読み方手帳 [ 久光一誠 ]

自分にあう化粧品を選ぶために必要な『化粧品リテラシー』を学ぶことができました。

化粧品を売るため、他の商品と差別化を図るために、他の商品の成分を悪く言って落とす、という広告があります。そんな誤った広告から、悪いイメージがついてしまった成分が世の中には多くあります。ですが、正しい知識をもって、恐れずに化粧品を楽しんで利用することを本書では教えてくれます。

 

このような情報リテラシーの話は、サプリメントの世界でもありました。

https://kireinochikamichi.com/archives/216

同じことが、化粧品の世界でもあるようです。

このような話は、美容業界には、多いのかもしれません。

特に、美容品選びに神経質になりがちなので、誤った売り文句に惑わされないように選択していきたいですね。

とはいえ、「使ってみたい!」とポジティブに思える化粧品があれば、試してみましょう。

エリクシール ホワイトデーケアレボリューション

 

他に、使って良かった日焼け止めこちら。

肌に優しいオーガニックの日焼け止めクリーム【WELEDAヴェレダ エーデルワイスUVプロテクト】一年中、毎日、SPF50⁺の最強の日焼け止めをつけていました。 雨の日も真冬も外出しない日も、一年中日焼け止めはSPF50⁺。 ...

肌色補整もしてくれます。

クリーム状なので、使用感はデーケアレボリューションとは違います。こちらは肌がしっとり。香りも良いですよ。

ABOUT ME
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。