オールインワン

美肌菌に着目したオールインワン化粧品『ビオメディ エッセンスミルクリ―ム』

美肌菌ビオメディのオールインワンゲルミルクリ―ム『ビオメディ エッセンスミルクリ―ム』

肌の常在菌の働きに着目したスキンケアのビオメディ。洗顔と保湿の2ステップで健やかな肌を保ってくれます。

化粧水・乳液・美容液・クリ―ムがこれ1本なので、忙しい女性や敏感肌で肌に負担をかけたくない女性におすすめです。

肌にもともと備わっている肌の常在菌を育むことで、肌のバリア機能を育てて美肌を目指すビオメディ。

そんなビオメディの特徴とレビューを紹介します。

ビオメディのここがすごい!

美肌菌ビオメディレビュー

美肌菌の機能を活かして、肌を健やかに美しく整えてくれるのがビオメディのスキンケア。

皮膚には常在菌が棲んでいることをご存知でしょうか?

この菌は、皮脂を分解してくれたり皮膚を保護する物質をつくってバリア機能を保つ役目もしてくれているそうです。

  お私たちの皮膚には多くの常在菌が棲んでいますが、代表的なものが「表皮ブドウ球菌」「アクネ菌」「黄色ブドウ球菌」の3種類です。

これらの菌は共生しながら、菌のもつ酵素により皮脂を分解して、皮膚を保護する物質をつくり出し、バリア機能を保つ役目を果たしています。

引用元:医者が教える最高の美肌術 

ですから、皮膚の常在菌、つまり美肌菌と共生することで、私達の肌は美肌に近づくことができるそうです。

 実は、皮膚には表皮ブドウ球菌という善玉の常在菌がいてバリアを作って悪玉菌が皮膚で増えるのを防いでいます。腸にも善玉菌と悪玉菌がいますね。善玉菌と人間とは昔からの共生関係にあるといえます。過剰に殺菌すると善玉菌も死んでしまってバランスを崩してしまいます。

引用元:美肌の科学  

肌を殺菌しすぎて清潔に保ちすぎることで、大切な肌の常在菌が棲みにくい肌になっていないか、気をつけたいですね。

肌を健やかに保つ方法として、美肌菌を増やすという意識が大切です。

ビオメディのエッセンスミルクリ―ムは、そんな美肌菌に着目して作られたコスメなんです!

ビオメディ エッセンスミルクリ―ムのレビュー

使い方・使い心地

やわらかい乳液状。

朝晩の洗顔の後、円を描くようにやさしく肌になじませて、手のひらでやさしくおさえます。

伸びがいいので、するすると肌になじみます。

伸ばした後は、さらさらに。

肌へのなじみが早い。

乾燥する場合は、さらにミルクリ―ムを適量肌に伸ばします。

ミルクリ―ムは、パックとしても使えます。

ミルクリ―ムパック
  1. たっぷりの量を厚めに肌にのせる
  2. 10~20分ほどおく
  3. 軽くふき取る

 

私は、1回だけだと乾燥したので、2度塗りしました。お肌にハリを与えてくれましたよ。

 

ビオメディのエッセンスミルクリ―ムは、洗顔のあと、このミルクリ―ムだけでいいという手軽さもポイント。

 

LG100がお肌を健康に保ってくれます。また、エイジングケア成分も配合で、肌にハリを与えてくれます。

 

これ1本で、肌を刺激から守ってくれたり、エイジングケアもしてくれるので、忙しい女性にぴったりです。

成分

美肌菌ビオメディ成分

ビオメディが買えるところ

ビオメディの公式サイトは、こちらです。

【 BioMedi(ビオメディ)】



ソープ15gとミルクリ―ム18mlのセットがありますので、初めての方はお試しセットから手に取ってみてはいかがでしょうか。

しっとり感など、肌にあうかどうかをまずはチェックしましょう。

お試しセット 1,000円(税抜)はこちら。


ビオメディ お試しサイズセット

まとめ

美肌菌というのは、敏感肌の人にも注目のスキンケア。

菌と共生して肌をしっとりうるおいのある肌に保つことができるようになります。

肌を刺激から守ってくれるので、肌荒れしやすい人・敏感肌にいいですね。

乾燥肌の人は、重ね付けがおすすめ。

 

美肌菌、これからも注目していきたいと思います。

参考文献

私も美肌菌について、知らなかったので本書で勉強しました。肌と腸の美肌菌に着目しています。

ABOUT ME
たいらえつこ
たいらえつこ
美容ライター。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。