乾燥

冬の乾燥肌対策

冬は乾燥肌がひどくなりがち。理由は空気が乾燥しているから…だけではありません!

私達が気づかないうちに、乾燥肌へと導いている習慣があるのです。

今回は、冬に気をつけたい乾燥肌対策をご紹介します!

洗顔時のお湯の温度を下げる

お風呂のお湯をクレンジングや洗顔に使っている人や、シャワーのお湯を直接使っている人は要注意。

冬のお風呂や給湯の設定温度は40~42℃位が多いのではないでしょうか?

洗顔で使うには、この温度は高すぎます。

 

洗顔時のぬるま湯の最適な温度は『32~34℃』。

かなりぬるめの温度。

冬に手で触ると、ちょっと冷たいかなと感じるくらい。

 

少し面倒でも、使うお湯の温度を下げるだけで、肌を乾燥から防ぐことができます。

簡単なので、やってみてください。

 

洗面器に、お風呂やシャワーのお湯を1/2くらいためて、残りは水を足してください

すると洗顔に適した温度になります。

 

最初は、ちょっと面倒に感じるかもしれません。

ですが、続けると肌が乾燥しにくくなり、効果を実感できると思います。

オイルクレンジングを使わない

寒いのでササっと簡単にメイクオフできるから…とオイルクレンジングを使っている人は要注意。

オイルクレンジングは、皮脂を取り過ぎてしまうので肌を乾燥させます。

 

クリ―ムクレンジングやミルククレンジングに変えて、皮脂を取り過ぎないようにしましょう。

洗顔料をしっとり系にかえる

洗顔料は、洗い流すので保湿は関係ないと思って一年中同じ洗顔料を使っていませんか?

もし乾燥が気になるなら、洗顔料もしっとり系に変えてみましょう。

セラミドが配合された洗顔料は、うるおいを失いにくくしてくれます

洗顔は、さっぱりしたいと思うかもしれませんが、肌が乾燥しているのなら洗顔料も見直しましょう。

マスクをする時は肌をしっかり保護しておく

冬は、風邪をひいている時や予防にマスクを使う機会が多くなります。

寒さ対策にマスクを使う人もいるのではないでしょうか?(自転車に乗るとき、マスクを使うと暖かくていいですよ)

 

でも、マスクが擦れるので、肌にとっては刺激になります。

朝のスキンケアの時、クリ―ムでしっかり保湿しておきましょう

肌を保護する効果の高いクリームがおすすめです。

まとめ

乾燥肌はスキンケアによる保湿だけが注目されがち。

ですが、洗顔などによる乾燥対策もスキンケアと同様に重要なポイントです。

まずは、できることから見直してみましょう。

私が、最も効果的に乾燥しにくくなったと感じたのは洗顔時のお湯の温度を下げた事です。

ぜひ、やってみてくださいね。

合わせて読みたい記事

乾燥してしまうということは、高保湿のスキンケアで肌を保湿しましょう。

人の肌の構造と同じ構造を持つ「ヒト型セラミド配合」のスキンケアがおすすめです。

カサカサ肌をもっちり肌に導く高保湿ケア!乾燥肌と敏感肌におすすめ【エトヴォスモイスチャーライン】 セラミドをベースに肌の保湿をケアするスキンケアシリーズが揃うエトヴォス(ETVOS)。 エトヴォスは、ミネラルコスメが有名...
ヒフミドトライアルセットレビュー
ヒフミドトライアルセットをレビューします!敏感肌と乾燥肌の救世主『ヒフミド』!純粋に肌をうるおすことを考えて作られているので敏感肌に大人気。保湿力の高さは最高ランク!1番おすすめアイテムはどれ?など解説しています。...
ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。