エイジング

糖化対策してる?!年齢を重ねると肌のシワ・たるみ・黄ぐすみの原因になる

肌のシワ、たるみ、黄ぐすみの原因として話題になっている『糖化』。

 

シワやたるみは紫外線による影響だけではなく、糖化によるものも。

また、肌の「黄ぐすみ」が気になっているなら、それは、糖化によるものかも。

糖化について意識した生活を送ることをおすすめします。

 

じつは私も、ここ数年「黄ぐすみ」が気になっていました。

そこで、糖化について調べてみました。

糖化とは何か?

糖化とは、『体の余分な糖とタンパク質が結びつくことで、タンパク質を劣化させ”AGEs(終末糖化産物)”をつくってしまうこと』

つまり、糖化とはAGEsが増えることで、血糖値が高い状態が続くと起こりやすくなります

 

このAGEsが増えると、大切なコラーゲン繊維のつながりを変えてしまいます。そして、肌は弾力を失い、たるみやシワの原因となってしまうのです。

 

『糖化』は体のコゲと言われています。

それは、糖化によって変性したタンパク質が茶褐色になるため。

分かりやすい例でいうと、ホットケーキがこんがりとやけて焦げて褐色になるのも糖化の一例。

ホットケーキの材料の砂糖が、卵・牛乳といったタンパク質と結びついて変性している状態です。糖化によってうまれるAGEsは、褐色で硬くなるのが特徴です。

 

糖は体に不可欠な栄養素です。なので、取らないということは絶対にダメですが、取り過ぎには注意。

加齢により、糖化はすすみやすくなる

体内で、摂取した糖を使いきれば糖化はおこらないのですが・・

加齢によって筋肉代謝が落ちると、糖の代謝も落ちるので糖化がおこりやすくなってきます。

 

では、糖化を進ませないためには、どうすればいいのでしょうか?

糖化を防ぐには

糖化を防ぐには、血糖値をあげないようにすることが重要です。

糖質を取り過ぎない

食事だけでも血糖値が上がるのに、おやつも摂ってしまっていませんか?

止めたいのに、やめられない糖質の誘惑。笑

気をつけたいのは、甘いおやつだけではありません。

しょっぱいおやつも。

余計な糖質には注意です。

 

とはいえ、食べないとなるとストレスに感じてしまいます。

糖化しにくい食品を選んでみましょう。

 

例えば、全粒粉ビスケット、バナナ、柿などがおすすめ。

ダークチョコレートもポリフェノールが豊富で抗糖化作用があります。

食事の時は野菜・海藻を先に食べる

食物繊維⇒タンパク質⇒炭水化物の順に食べる。

大豆・ヨーグルトを先に食べる

大豆食品やヨーグルト食品は食前に摂ると、その後の食事による血糖値の上昇をゆるやかにする効果がある。

ヨーグルトはデザートで食後に・・・と思いがちですが、先に食べた方が糖化の観点ではよさそう。

他にも大豆製品の豆乳もおすすめ。

食後1時間以内は寝ころがったりしないで、体を動かす。家事でもOK。

どんな形でもいいので、ゴロゴロと寝っ転がらないことが大事。

歩く、階段を上る、お風呂掃除をする、雑巾をかける…など何でもいいそうです。

食後1時間くらいに血糖値の上昇のピークを迎えます。その時に運動によって糖を使えば、高血糖状態になることを避けることができます。

 

走りにいくのは難しくても、家事をするのは簡単ですから、すぐにでもできそうですね。

 

ところで、食後のデザートは私も大好きですが・・・

食後1時間以内にデザートを摂る、高血糖の状態が続いてしまうので良くないようです。

ストレスをためない

ストレスがたまると血糖値が上がることが分かっているそうです。

さらに、ストレスは暴飲暴食の原因にもなりますから、血糖値がぐんと上がってしまいます。

抗糖化食品をとりいれる

身近な食品では、お茶。

緑茶、中国茶、ウーロン茶などはAGEs抑制作用があるようです。具体的には、ポリフェノールの一種である茶カテキンの作用によるもの。

ハーブでは、カモミールにも抑制作用があるようです。

糖化に気をつけた生活を続ける

糖化は、シミなどのように治すというものではないようです。

なので、ならないように予防するしか方法はありません。

これから、さらなる糖化を進行させなにように気をつけなければなりません。

ですが、糖化を防ぐ方法はそんなに難しくないものです。

食後はゴロゴロしない、食べる順に気をつけるなど、今日からでも取り入れられるものばかりですから、ぜひ実行したいですね!

参考にした文献


糖化について、詳しく分かりやすく書かれているのでおすすめです。

もっと詳しく食品などについて解説していますので、糖化が気になる方は読んでみてください。

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。