日焼け止め

デリケートな肌にも使える日焼け止め『薬用キュレルのUVカットエッセンス』

キュレルのUVカットエッセンス

老化の80%が紫外線が原因と言われています。

シミ・そばかすだけでなく、ハリや弾力にも影響する紫外線。

そんな紫外線が特に強くなるのは4月~9月。これからの季節ですね。

 

敏感肌にとっても、紫外線は大敵。それは、紫外線によって肌の乾燥が進み、肌のバリア機能が低下しがちになるから。

ですから、肌への刺激が少ない日焼け止めで、しっかり紫外線対策をしましょう。

 

「乾燥性敏感肌を考えたキュレル」でおなじみのキュレルのUVカットシリーズから、UVエッセンスをご紹介します。

キュレル UVエッセンス

キュレル UVエッセンス

SPF30、PA+++

 

SPF30なので、SPF50を使っている人にとっては、少し低いのかなと思うかもしれませんが、日常生活(散歩、買い物)では十分な数値。

SPF30であれば、屋外での軽いスポーツやレジャーなどにも大丈夫なくらいの数値です。

 

そもそも日焼止めは、2~3時間おきに塗ることが推奨されているので、こまめに塗り直すことの方が大切なようです。(これはキュレルだからということではありません。)

 

朝、例えば7時くらいにメイクし、その後3時間おきに塗り直した場合、日焼止めを塗る時間はこんな感じになります。

  • 朝7時
  • 朝10時
  • お昼1時
  • 夕方4時

1日に4回!!

こまめに塗るということは、肌に日焼止めを塗り重ねるということ、少しでも肌に優しいアイテムを使いたいですね。

使い心地・感想

キュレルのUVカットエッセンスのテクスチャー

UVエッセンスという名前なので、美容液のような透明のジェルっぽいものを想像していたのですが…

少し硬めの乳液のようなテクスチャー。

 

伸びはいいのですが、白っぽくなります。白残りしやすい気がする…

かなり薄く伸ばしていくと白っぽさがなくなります。

キュレルUVエッセンスは白浮きしがち

塗った後は、肌が明るくなります。

化粧下地としても使えるみたい。

また、赤ちゃんの肌にも使えるようなので、親子で使えますね。

キュレルUVエッセンス成分

消炎剤として、グリチルリチン酸2Kが配合されているので、敏感肌の人はもちろん、日焼け後のほてりも防いでくれます。

 

うるおい成分として、セラミド機能成分、ユーカリエキス、アスナロエキスが配合されています。

 

ところで、セラミド機能成分ってなんでしょうか?

キュレルのホームページによると、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドという成分だそうです。

これは、花王が独自に開発した成分なんですね。つまり、疑似セラミドということ。

花王はいち早く、乾燥や肌荒れで困っている人の悩みをキャッチし注目しました。そして、研究していく中でセラミドに着目した会社なんだそうです。

 

現在では、「肌荒れと言えばバリア機能が低下しているから、セラミドで補おう」という発想になりますが、それは花王さんの研究があったからなんですね。

 

キュレルの日焼け止めは、顔と体の両方に使えます。敏感肌にもやさしい日焼け止めで、紫外線対策をしませんか?

 


キュレルの日焼け止めは、紫外線吸収剤は使っていません。

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。