敏感肌

敏感肌におすすめの化粧品5選!

肌荒れ敏感肌におすすめ化粧品

敏感肌で悩んでいる人の肌は「肌のバリア機能が低下している状態」です。炎症を起こしていたり、ひどくなってしまった場合はすぐに病院の皮膚科へ行ってほしいのですが、何となく軽い肌荒れがいつまでも続いている場合は、スキンケアを見直してみましょう。

敏感肌なのに、普通肌やオイリー肌の人のスキンケアを使っていませんか?

敏感肌で肌が不安定な場合は、肌のバリア機能が低下している状態です。

ですから、バリア機能の成分を補うケアが優先。

土台となる肌のバリア機能をたてなおして、肌荒れしにくい健やかな肌を目指しましょう!

今回は、敏感肌の化粧品選びのポイントと、おすすめの化粧品をご紹介します。

敏感肌の化粧品選びのポイント

敏感肌の化粧品選びで重要なポイントは、低下したバリア機能を補うことができるかどうか。

この「バリア機能を補うケア」で大事なことは、たった2つ。

敏感肌の化粧品選びのポイント
  • バリア機能の乱れを防ぐ
  • 壊れたバリア機能を補う

まず、バリア機能の乱れを防ぐためには、「洗顔でうるおいを落とし過ぎないこと」と「紫外線を防ぐこと」が大切です。

日本人は洗顔でうるおいまで取りすぎる傾向にあるようです。さっぱりする洗顔が好きな人は要注意。

また、バリア機能が壊れてしまう要因の1つとして、紫外線による影響があることがわかっています。毎日しっかり紫外線を防ぎましょう。

>>低刺激性の日焼止めのまとめ記事を読む

壊れてしまったバリア機能を補うには、補修する成分が配合されたスキンケアを使います。

バリア機能をケアする代表的な成分がこちら。

・セラミド…細胞間脂質の成分に近い

・アミノ酸類…NMF(天然保湿因子)の成分に近い

このように、それぞれ異なるバリア機能を補っているんですね。

では、肌荒れしている場合、どちらの成分が欠けているのでしょうか?

でも…

これを知ることは、普通はできなさそうです。さすがに、自分の表皮の細胞を調べることは普通の人にはできません。

そこで、どちらかの成分、もしくは両方の成分が配合されているスキンケアを使って、肌のバリア機能を補います。

敏感肌におすすめの化粧品

それでは、セラミドとアミノ酸類の成分、それぞれのおすすめ化粧品をご紹介します。いずれも、高保湿でしっとりするタイプです。

防腐剤として何が使われているかも記載しておきます。パラベンにアレルギーのある場合は参考にしてください。

ところで、防腐剤自体は悪い成分ではないんですよ。むしろ何かしらの防腐剤が配合されていないと腐ってしまいますから。毎日作り続けるような化粧品でない限りは防腐剤は必要だと思ってください。ただ稀にパラベンにアレルギーの方がいらっしゃいますのでご注意くださいね。

セラミド配合

キュレル

疑似セラミドが配合されています。

低価格でドラッグストアでも購入できます。

防腐剤としてパラベン使用。

保湿のみの潤浸保湿シリーズ、美白ケアシリーズ、エイジングケアシリーズがあります。

肌荒れ中は、潤浸保湿シリーズがおすすめ。普段使いするなら、保湿力の高いエイジングケアシリーズがいいですよ。小じわが気になる人にも。

花粉による肌荒れ防止にもおすすめ【キュレル エイジングケアシリーズ 化粧水】 『キュレル エイジングケアシリーズ 化粧水』 敏感肌のお守りコスメ、キュレルのエイジングシリーズ。 敏感肌用...

ボタニカルモイスト

ヒト型セラミド(1,2,3,6Ⅱの4種類)が配合されています。

さらに植物幹細胞とボタニカルウォーターで肌をみずみずしくハリのある肌へと導きます。

エイジングケアとしてもおすすめで、とにかく潤う1本。パッケージをシンプルにすることで高品質なのに低価格を実現しているブランド。ロフトなどの店舗で購入できるところも増えてきています。オンラインで購入するのがお得なのでおすすめ。

防腐剤としてフェノキシエタノール使用。

『ヴァントルテ ボタニカルモイスト』で敏感肌のエイジングケアはもう悩まない!ヴァントルテのボタニカルモイストは大人の敏感肌のためのエイジングケア。肌荒れが気になるしエイジングも気になる悩める敏感肌さん必見。もう悩まなくていいんです!...

ヒフミド

全てのアイテムに、ヒト型セラミド(1,2,3の3種類)が配合されています。

特にエッセンスクリ―ムは、ヒト型セラミドが4%と高配合。保湿に集中したケアができるので、乾燥が気になる敏感肌にもおすすめ。肌がカサカサになってしまう乾燥する季節にも、濃厚なクリ―ムが肌にうるおいを与えてくれます。

ヒフミド洗顔石けんは、うるおいを肌に残して洗うので洗顔後のしっとり感が抜群ですよ!

防腐剤としてフェノキシエタノール使用。

>>ヒフミドのレビュー記事を読む

アミノ酸類配合

ミノン(MINON)

アミノ酸類が配合されています。

低価格でドラッグストアでも購入できます。とてもお穏やかな使い心地。アミノモイストのモイストチャージミルクは特におすすめ。肌荒れしたときは、まずはこちらのモイストチャージミルクで様子をみます。

防腐剤としてフェノキシエタノール使用。

『ミノンアミノモイストシリーズ』は季節の変わり目の肌荒れにもおすすめ!これから、敏感肌にとって辛い時期、季節の変わり目になっていきます。 空気や気温の変化に肌がついていけないのか、季節の変わり目にはい...

セラミド・アミノ酸類の両方配合

エトヴォス モイスチャーライン

ヒト型セラミドとアミノ酸類の両方が配合されています。美容液とクリ―ムには5種類ものヒト型セラミド&アミノ酸類が配合されているので、とにかくバリア機能を一刻も早く高めたいという時の1本。肌荒れしやすい人は毎日のケアに取り入れておくと、肌荒れしにくい肌に導いてくれます。

美容液はみずみずしいテクスチャーで肌なじみがよく、肌荒れしがちな肌に負担をかけずに使用できるのでおすすめです。

防腐剤としてフェノキシエタノール使用。

カサカサ肌をもっちり肌に導く高保湿ケア!乾燥肌と敏感肌におすすめ【エトヴォスモイスチャーライン】 セラミドをベースに肌の保湿をケアするスキンケアシリーズが揃うエトヴォス(ETVOS)。 エトヴォスは、ミネラルコスメが有名...

 

ABOUT ME
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。