スキンケア法

肌荒れが続くのは肌のスキンケア方法が間違っているからかも⁈基本をチェック

ストレスや生理や不規則な生活など、時々肌が荒れることはあります。でも、いつも肌荒れしているのなら、それは肌が敏感肌に傾いているからかも。

Photo by Christopher Campbell on Unsplash

肌荒れの状況をチェックしてみましょう。

  • 頻繁に肌荒れを繰り返す
  • 一年のうちで肌荒れしている期間が長い
  • 少しのストレスでもすぐに肌荒れしてしまう
  • いつも吹き出物ができている
  • 同年代の友人よりも肌が汚いorシワが多いor毛穴の開きが大きい

このような肌状態が続いている場合、肌のバリア機能が低下しているため、肌荒れを起こしやすい状態になっていると考えられます。

いわゆる『敏感肌』といわれる状態。これまで敏感肌だと思っていなかった人にも突然おとずれます。

ただし、見極めたいのは、「バリア機能が低下している状態」と「ある特定の成分に対してアレルギー症状がでている状態」。どちらなのかは見極めなければなりません。(分からない場合は病院で相談してみましょう)

バリア機能が低下しているために、肌荒れを起こしている場合には、スキンケア方法の基本を見直してみましょう。

私自身、ある日突然はげしい肌荒れを起こし、肌荒れしやすい肌になっていきました。いわゆる敏感肌に。その後、肌荒れを改善するために色々なことを試して、今では肌荒れしにくい肌になりました。

肌荒れを改善するためには、そんなにお金をかける必要はありません。ほんの少しスキンケアで気をつけるポイントがあるだけなんですよ。

「肌が荒れやすい!」と思った時に見直したいスキンケアのポイントをご紹介します。

スキンケアのポイント

肌が荒れやすいのは、肌のバリア機能が低下しているから。ということは、肌のバリア機能を回復する必要があります。

では、肌のバリア機能を回復するためにはどうしたらいいのでしょうか?

ポイントは肌のうるおいを逃がさない事。そして、肌にうるおいを補うこと。このポイントを実践するための方法をご紹介します。どれも簡単なので今日からやってみましょう。

その1 洗顔は冷たく感じるくらいのぬるま湯を使う

洗顔に最適な温度は32℃といわれています。温かいと感じるくらいの温度で洗顔してしまうと肌のバリア機能であるセラミドまでも流れ出てしまいます。

「ちょっと冷たいかも」と感じるくらいのぬるま湯で洗顔すると、肌のうるおいを逃がさずに洗顔することができます。朝も夜の洗顔でも同様です。

その2 シャワーで顔を洗わない

Photo by Nick Karvounis on Unsplash

お風呂に入ったとき、シャワーのお湯を顔に直接あててバシャバシャと洗っていませんか?

それ、肌にとっては刺激が強すぎます。必ず、冷たいかなと思うくらいのぬるま湯を手のひらですくって顔をやさしく洗いましょう。

シャンプーの時も顔に熱いお湯が顔にかからないように気をつけましょう。

その3 タオルでごしごし顔をこすらない

タオルは、軽く顔に押し当てるようにして水分をとります。

肌に多少水分が残っているくらいでいいのです。肌の水分をタオルで完全にぬぐってしまう必要はありません。

その4 化粧水・美容液・乳液・クリ―ムをつける時

美容液やクリ―ムをつける時、伸びが悪いテクスチャーのものを使う時は、手のひらで温めてから使っていますか?肌の上で伸ばすようなことは絶対にやめてください。クリ―ムの場合は、特に要注意。保湿力高いものの中には、硬めのクリ―ムも多いので、手のひらで温めてテクスチャーをゆるくしてから、手のひら全体で肌に押し当てるようにしてつけましょう。この時も、押し当てる圧力は弱めに。

その5 バリア機能の回復をうながすスキンケアを使う

バリア機能を高めてくれる成分は、セラミドとアミノ酸類です。

特に年齢を重ねた肌には、よりしっかりとした保湿が必要です。セラミドの中でも、ヒト型セラミドは、肌の細胞間脂質の主成分であるセラミドと似た構造をしているので肌への親和性が高くて肌になじみやすいので、ぜひ取り入れてみてください。

その6 抗炎症成分が配合されているスキンケアを使う

抗炎症成分が配合されているスキンケアを選びましょう。グリチルリチン酸2Kやアラントインなどがおすすめです。

やさしく、とにかくやさしく肌にふれる

肌荒れを起こしやすい人、敏感肌の人は「やさしいタッチで触れる」ことを意識してスキンケアしてみてください。

肌が変わっていくのを実感できると思います。

BAさんにスキンケアして頂いたときの優しい指使いを思い出して…自分でも同じように自分の肌をやさしく扱いましょう。

案外、自分の肌には雑なスキンケアをしていませんか。ストレスを感じた日の夜のケアは、肌を乱暴に扱っていませんか?

やさしくやさしく扱ってあげましょう。肌は元気になって答えてくれます。肌荒れで辛い時、大変かもしれませんが、肌にもやさしくしてあげてくださいね。

続けなければ意味がない!

顔の表面の皮膚は10日ほどで生まれ変わると言われています。

スキンケア方法を変えてすぐに変化が現れるわけではありません。ですが、続けていくことで肌が変わっていきますので、続けることが大切です。まずは10日間を目安に続けてみましょう。

洗顔方法は水温に気をつけるだけなので、簡単なことです。でも、実際にやってみると水を足したり水温を変えたりしなければならないので、少し面倒だと感じる事でしょう。

ですが、水温は肌のうるおいを奪わないための大切なステップですから、必ず守ってくださいね。

また、スキンケア製品をセラミドやアミノ酸類が含まれるスキンケアに変えるのは比較的簡単にできますが、ご自分の肌にあうものを見つけてくださいね。

肌荒れしやすい人におすすめのスキンケア

肌荒れをすぐに何とかしたい場合は、バリア機能を回復するスキンケアを取り入れることです。

◆肌の乾燥が特に気になる場合

ヒト型セラミドとアミノ酸類の両方が配合されていて、抗炎症成分としてアラントインも配合されている『エトヴォス モイスチャーライン』がおすすめです。バリア機能を回復する成分で肌荒れしがちな肌を穏やかに守り肌荒れしにくい肌へと導いてくれます。

カサカサ肌をもっちり肌に導く高保湿ケア!乾燥肌と敏感肌におすすめ【エトヴォスモイスチャーライン】 セラミドをベースに肌の保湿をケアするスキンケアシリーズが揃うエトヴォス(ETVOS)。 エトヴォスは、ミネラルコスメが有名...

◆肌荒れが特に気になる場合

ヒト型セラミドが配合されていて、抗炎症成分としてアラントインとグリチルリチン酸2Kが両方配合されている『ヴァントルテ ボタニカルモイストシリーズ』がおすすめです。穏やかに肌のバリア機能を回復してくれます。

『ヴァントルテ ボタニカルモイスト』で敏感肌のエイジングケアはもう悩まない!ヴァントルテのボタニカルモイストは大人の敏感肌のためのエイジングケア。肌荒れが気になるしエイジングも気になる悩める敏感肌さん必見。もう悩まなくていいんです!...

◆ドラッグストアでも購入できるスキンケアはこちら

花粉による肌荒れ防止にもおすすめ【キュレル エイジングケアシリーズ 化粧水】 『キュレル エイジングケアシリーズ 化粧水』 敏感肌のお守りコスメ、キュレルのエイジングシリーズ。 敏感肌用...
『ミノンアミノモイストシリーズ』は季節の変わり目の肌荒れにもおすすめ!これから、敏感肌にとって辛い時期、季節の変わり目になっていきます。 空気や気温の変化に肌がついていけないのか、季節の変わり目にはい...

 

ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。