日焼け止め

持ち運び用の日焼け止めはこれに決定!ノンケミカルのミストタイプの日焼け止め『HACCI UVミスト』

スプレータイプの日焼け止めはよく見かけますが、調べてみると、そのほとんどが紫外線吸収剤を使ったケミカルの日焼け止め。

敏感肌なので、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めがいいなぁと探していたら…ついにSPF値も納得できる数値のノンケミカル日焼け止めスプレーを見つけました。それがこちら『HACCI UVミスト』。

持ち運び用の日焼け止めノンケミカルミストタイプ

HACCI UVミスト 30mL

SPF 30 PA+++

しかもノンケミカルで肌にやさしいだけじゃないんです。ヒアルロン酸やコラーゲン、ハチミツ入りで保湿もばっちり。植物エキスでツヤと透明感のある肌に見せてくれます。さらに、年齢を重ねた肌にもおすすめで、アルガン幹細胞エキス配合なのでハリや弾力のある肌へ導いてくれます。

日焼け止めは朝塗るだけじゃなくて、塗り直ししなくてはならないもの。でも、実際にはクリ―ムや乳液状の日焼け止めはどうしてもファンデーションが崩れてしまって面倒なので、塗り直しをさぼることもありました。笑

ミストタイプのHACCI(ハッチ)の日焼け止めは、メイクの上からでも簡単!シュッと顔にひと吹きするだけ。小ぶりのボトルは、お出かけのバッグの中でも邪魔にならないサイズなので、いつもバッグに入れておけます。

心配なのは、日焼け止めの効果ではないでしょうか?特にミストタイプは透明の水状なので、日焼け止め効果に疑いをもたれがち。でも、心配ありません。実際にゴールデンウィーク中に海へ磯遊びに出かけた時も使ってみたのですが…日焼けしませんでしたよ。

しかも、海での塗り直しもミストボトルはとても簡単。鏡を見なくてもどこでも簡単にスプレーできるので本当に便利でした!晴れていたので念のため2時間おきに塗り直しましたが、肌は赤くならず、日焼けをしていなくてホッとしました。

スプレータイプだとファンデーションを塗り直す必要がありません。肌への負担が少ないので敏感肌さんにもぴったりですよ。とても便利だったので、HACCIのUVミストをご紹介します!

HACCI UVミスト 日焼け止めミスト

特徴

HACCIのノンケミカルUVミストスプレー

2種類のヒアルロン酸が肌を潤しながら、水のヴェールを作って環境ストレスからお肌をブロック。5つの天然植物エキスがツヤのある肌に導きます。アルガン幹細胞エキスが肌の内側から引き締まったハリと弾力のある肌にしてくれるので、エイジングケアにも。

香りが特徴的で、ジューシーなマンダリンと可憐なジャスミンの香りがマッチして良い香り!優雅にリフレッシュ。

成分

HACCIの日焼け止めUVミストスプレー成分

使い方・使い心地

ミストのスプレーは、容器をよく振ってから使います。顔につける時は、目を閉じて顔から30㎝くらい離してスプレーしましょう。

私は、顔の場合は4カ所スプレーします。

顔の右上、右下、左上、左下

ひと吹きするとこんな感じで、透明のウォーターベースの液がでてきます。

HACCI日焼け止めミストスプレーの使い心地

スプレーした後は、手のひらでやさしく押さえて肌になじませます。力はいれないでください。

スプレー後の肌はしっとりしてツッパリ感などもありません。エアコンで乾燥した肌も潤してくれるので一石二鳥です。

ミストタイプの場合、スプレーした後にファンデーションが落ちたり、メイクが崩れないか心配になりますよね。

そこで実際にファンデーションの上からミストをしてみました。

日焼け止めスプレーでメイク直しをする方法

私が使っているクッションファンデーションで試してみます。使ったのはランコムのアプソリュタンクッションコンパクト。

手の甲にファンデーションを塗りました。

写真ではファンデと肌が一体になっていて見えにくいですが…ちゃんとファンデは塗られています。

ミストをシュッとひと吹き。

ファンデの上から日焼け止めミストスプレーをしてみた

HACCIの日焼け止めミストは細かいミスト状。中心に最も多く液がでてきます。均一に細かいミストがでてきます。

しばらくそのままおいておくと、肌に自然になじんでいきます。ダマにはなりません。ツヤ肌に。

きれいなツヤですよね。

そのまま自然に乾かしても、ファンデが浮いて汚くなることはありません。が、スプレーした後は、手のひらでやさしく押さえてなじませると、より自然になります。

ファンデーションのヨレも崩れもなく、テカリがやや抑えられてキレイに仕上がります。特にファンデーションも取れていませんよね。

潤い成分が配合されているので、乾燥した肌にもいいですよ。肌にツヤがでます。逆にツヤが苦手だったり気になる人は、上からパウダーで抑えてください。

メイク直しは、ナチュラルメイクが好きな人はスプレーの後何もしなくてもいいですし、テカリやツヤが苦手な人はパウダーをのせるくらいで十分です。もちろんファンデーションを塗り直す場合も、そのまま上からファンデを重ねるだけなのでとっても楽です。

感想

ようやく、ノンケミカルで納得のいくスプレータイプの日焼け止めを見つけました。紫外線だけでなく乾燥からも肌を守ってくれる日焼け止め。

私は、夏は色黒になるので、白っぽい日焼け止めは苦手ですが、HACCIの透明のUVミストはとても使いやすいです。

日焼け止めは塗りなおしが必須ですが、皆さんはちゃんと塗り直していますか?

面倒なので塗り直しをしていない人が多いのではないでしょうか?私は正直、面倒だと思っていてファンデーションにも日焼け止め効果があるからそれでいいよね…と言い訳をして日焼け止めの塗り直しをあまりしていませんでした。

ところが、日焼け止めは最低でも3時間ごとの塗り直しが推奨されています。手軽にできるHACCIのUVミストで紫外線から肌を守りましょう。もちろん全身に使えますし、赤ちゃんにも使えますので親子で外出時に使うことができますよ。

敏感肌さんも比較的使いやすいノンケミカル日焼け止めミストなのでおすすめです。

合わせて読みたい記事

おすすめの日焼け止めをまとめた記事はこちらです。

持ち運び用の日焼け止めとして、他にもパウダータイプがおすすめ。こちらの記事では、ノンケミカルでご紹介しています。

肌荒れ中や敏感肌におすすめの日焼け止め&選び方まとめ 日焼け止めを1年中塗ることは、肌のために当たり前になりつつあります。くもりの日も冬も日焼け止めはマストということ。 それは...
ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。