フェイスパウダー

顔に立体感をだす方法

オンリーミネラルホワイトニングファンデーションのレビュー

ハイライターというと、スティック状やパウダー状のハイライターが使いやすくて人気ですね。

ですが、ハイライターを使うと、どうしても白っぽくなってしまうか、ラメがわざとらしくついてしまうのが気になっていました。

メイクでハイライターを使っているのがすぐにわかってしまいます。

写真にうつる場合は、キレイに見えていいのかもしれません。しかし、直接目でハイライトを入れている肌を見ると、違和感を感じます。

30代以降になると、ハイライターを入れた肌は、濃いメイクに見えてしまい、頑張り過ぎて見えるのでおすすめできません。

30代以降は、ツヤで立体感を

年齢を重ねた肌には、ツヤ感で自然に立体感をだす方がおすすめです。

ツヤをだすために使うのは、ミネラルファンデーション。

ミネラルファンデーションは、つけた後しばらくするとツヤ感がでてきます。

光にあたると、濡れたようなツヤになります。その光こそが、顔に自然な立体感をつくってくれます。

また、ツヤがあるとシワを見えにくくしてくれたり、肌を若々しく見せてくれます。

ツヤ肌の作り方

いつもは、肌を休めたいときに使っているミネラルファンデーション。

ですが・・・

ファンデーションの後、仕上げ用のフェイスパウダーとして、部分的にミネラルファンデーションを使います。

ミネラルファンデーションの特徴であるナチュラルなツヤ感を利用するのです。

ミネラルファンデーションを置く場所は、ツヤ感が欲しい目の周りと頬

頬骨の高いところには、丁寧にミネラルファンデーションを重ねてのせていくと、さらにツヤ感アップ!

肌に自然なツヤがでて、さらにミネラルファンデーションの特徴であるしっとり感も加わって、肌がキレイに見えます。

教えてくれたのは、【必要なのはコスメではなくテクニック】というメイク本。

メイク下手でも、これを読めば上手くなるメイク本で、初めて面白いと思える本に出会いました。 それが、【必要なのはコスメではなくテクニック】というメイク本。 ...

ミネラルファンデーションについて、このように書かれています。

このパウダーをのせることで、ファンデーションの液体のツヤが、もっと自然な、肌の内側からにじみ出るツヤに変身します。

引用元:必要なのはコスメではなくテクニック

ミネラルファンデーションは、粉をつけすぎないようにするのがコツ。

ブラシの粉がダマにならないように、しっかり落としてから使いましょう。

最後に、ティッシュペーパーを置いた上にブラシが上になるように置いて、トントンとすると、余分な粉がブラシの奥に入ってダマが解消されます。

このテクニックも、本から学んだ方法です。

Tゾーンや顎など、汗のかきやすいところは、ミネラルファンデーションではなくルーセントパウダーをのせます。

2種類のパウダーを場所によって使い分けるのです。

仕上げ用のルーセントパウダーって、一種類で顔全体をカバーするとばかり思っていませんでしたか?

化粧品カウンターに行っても、BAさんは顔全体に同じお粉をはたいていました。

でも、せっかくリキッドファンデーションでしっとりしても、ルーセントパウダーを使うことで頬はマットになっていました。

余分な皮脂を吸着してくれて化粧崩れを防ぐのが、ルーセントパウダーの役目。

ですが、余分な皮脂のない頬は乾燥しすぎてしまうんですね。

そこで、乾燥してほしくない場所、そしてツヤ感が欲しい場所には、ミネラルファンデーションが最適なんです!

肌にナチュラルなツヤ感がでるオンリーミネラルのミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションは、つけてしばらくするとツヤが出ます。

しかも、ブラシでクルクルとすればするほどツヤが出てきます。

肌にツヤを感じてから、メイクが楽しくなりました!
使ったミネラルファンデーションは、オンリーミネラル。

ミネラルファンデーションが初めての方は、まずはお試しから。

デビューセットは、量も少な目、なおかつ2000円以下(税抜)とお得なので、チャレンジしやすいですよ。

【オンリーミネラル】薬用ホワイトニングファンデーションデビューセット

こちらのミネラルファンデーションはSPF 50⁺なので日焼け止め効果が高くておすすめです。

こちらの記事で、申込方法、使い方など詳しく解説しています。

【オンリーミネラル ホワイトニングファンデーション】を試してみました 夏の暑さで体が疲れるように、肌も疲れてきます。 本当は、ちょっと肌を休ませてあげたいけど、日焼けが気になるし、何よりすっぴ...

オンリーミネラルのサイトはこちら


ABOUT ME
さつき
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。