美容液

肌をやわらかく、ツヤっぽく【ランコム ジェニフィックアドバンスト】の使い方

 

ランコムジェニフィックアドバンストジャンボサイズ

『ランコム ジェニフィックアドバンスト』

個数限定というジャンボサイズの100ml。

敏感肌の私でもサンプルのミニサイズで4日間肌荒れしなかったので、思い切ってジャンボサイズ購入しました。

ところで、ランコムのジェニフィックアドバンストは日本製と海外製を手にすることができます。

デパートなどの正規店では、もちろん日本製を購入できますが、通販では海外製を購入できます。

2つのジェニフィックアドバンストが出回っていることで、使い方などで困惑している人も多いのではないでしょうか。

そこで、海外製のジェニフィックアドバンストについて使い方などを詳しくレビューします。

海外製のジェニフィックアドバンストを購入

私はネットで購入しました。

フランス製のものなので、海外製。

前回、サンプルのミニサイズを使って試した時も海外製のものでした。

なので、テクスチャーや使用感など詳細はこちらの記事をご覧ください。

キメを整えて肌を明るく【ランコム ジェニフィックアドバンスト 美容液】私にとっては、憧れの美容液『ジェニフィックアドバンスト』。 とても良い美容液として殿堂入りし、数々のランキングで常に上位を...

ミニサイズとジャンボサイズで違うところは・・・スポイトだったこと。

スポイトは、使いやすいですね。

ジャンボサイズのジェニフィックアドバンスト

ランコムジェニフィックアドバンストの使い方

たっぷり100mlサイズだと、ついたっぷり使ってしまいそうになります。

片頬でスポイト1回分を使います。

口コミでスポイト1回分で両頬使うという人も多いみたいです。頬だけであればそれでもいいかもしれません。私は首まで使います。

ランコムジェニフィックアドバンストのテクスチャー

白っぽくとろみのあるテクスチャー。

肌荒れしている部分は、ちょっとピリっとします。

 

さて、海外製のものと日本製のものは、使い方が違うとか、日本製のものの方が効果が高いなど色々言われているようです。

本当なのでしょうか?

日本製と海外製のジェニフィックは使い方が違う?

『使い方が違う』という噂は、以下のようなものです。

  日本製のジェニフィックは、化粧水の前に使うが、海外製のジェニフィックは、化粧水の後に使う。

これは本当なのでしょうか?

私は海外製のものしか使ったことがありませんので、日本製のジェニフィックについて語ることはできません。

なので、海外製の方を使ってわかったことを紹介しますね。

海外製のジェニフィックの使い方

説明書にはこう書いてある

購入した箱に、各国の言葉で書かれた説明書が入っていたので見てみましょう。

私が読めるのは、日本語と英語だけですが、比べてみましょう。

日本語表記

ランコムジェニフィックアドバンスト海外版の使い方

「朝・晩、洗顔後、適量をとり・・・」

と書いてあります。

日本製のものと同じ使い方を示しています。

 

では、同じ説明書の英語表記の方はどうでしょうか?

英語表記

ジェニフィックアドバンスト海外版の英語表記

「Use twice daily,morning and evening,before your everyday skincare routine.」

「毎日のスキンケアの前に、朝と晩の2回使ってください。」

ということは、スキンケアの前に使用するということになります。

 

日本語表記と英語表記で表現が微妙に違う

英語表記の「スキンケアの前」という記述。

日本人にとっては化粧水の前だという認識ですよね?

日本語表記の「洗顔後」は、つまり化粧水の前にあたりますから、一見使い方は同じような気がします。

だったら、同じ表現にすればいいのに!と思ってしまいますが・・

 

しかし、この微妙な表現の差が、なぜ生じているかというと…

 

それは、各国のスキンケア事情が異なっているからなんです。

各国のスキンケア事情は異なっている

まず、この製品がフランス製であることから、ヨーロッパを基準に比較してみます。

スキンケアはどのようにしているのでしょうか?

 

まず、ヨーロッパは、水が硬水なので、洗顔料の泡立ちがが悪かったり、水が肌を乾燥させるので、洗顔をしません。

さらに化粧水も使わないようです。化粧水というと、ふき取り化粧水のことを指し、日本のように肌を潤わせるものとして化粧水を使いません。

世界的にみると、日本が独特なのです。

 

つまりヨーロッパでは、スキンケアの順序は、『クレンジング⇒乳液orクリ―ム』という流れになります。

シンプル!

 

これに対して、日本人のスキンケアには、『洗顔』と『化粧水』というアイテムが加わることになります。

クレンジング⇒洗顔⇒化粧水⇒乳液orクリ―ム』という流れです。

 

使うアイテム数が違うのだから、美容液をどこで使うのか難しいですね。

いつジェニフィックを使うのが正しいのか分からない!

では、説明書からジェニフィックを使うタイミングを見ていきましょう。

 

英語表記の方を見ると、『スキンケアの前』となっています。

スキンケアの前というと、乳液やクリ―ムの前ですから…

クレンジング⇒ジェニフィック⇒乳液orクリ―ム

 

難しいのは、日本人のスキンケア順序のどこに入るのか?!

クレンジング⇒洗顔⇒化粧水⇒乳液orクリ―ム

 

日本語表記の、『洗顔後』という表現では、化粧水の前だという認識になります。

しかし、問題は英語表記の『スキンケアの前』という記述。

日本人的には、スキンケアの前というと、化粧水の前。

ですが、ヨーロッパの人にとっては、乳液・クリ―ムの前になります。

 

ということは、乳液・クリ―ムの前に使うものとして開発されたのでしょうから、乳液・クリ―ムの前に使うのが正しいのではないでしょうか?

というのは、あくまでも予測ですが・・・

 

それにしても

『化粧水』が日本独特の使い方なので、海外製のジェニフィックはいつ使えばいいのか本当に悩んでしまいますね。

 

ランコムでは日本人向けにジェニフィックアドバンストが発売されています。日本人の肌に合ったものという位置づけになっています。

そして、日本製の方の使い方は化粧水の前に使うようです。

 

日本製のものと海外製のもの、同じ使い方をしていいものかしら?

とはいえ、私は海外製のジェニフィックを購入したので、ちゃんと効果のある方法で使いたいものです。

2つの方法を試してみました

というわけで、悩むよりもどちらが効果的なのか2つの方法を試してみました。

 

10日間づつ使ってみたところ、洗顔後(化粧水の前)の肌に使用する方が透明感が違いました。

私は、洗顔後の肌に使うことをおすすめします。

感想

ランコムジェニフィックアドバンストの感想

この美容液は、とても人気があるのが使っているとよくわかります。

派手な効果というよりも、じっくりと肌を育てていくような感じです。

肌に透明感がでて、柔らかい肌へと導いてくれます。

全体的に肌力が底上げされていくような感じです。

使う順序に関しては、色々と噂はあるようですが、私は洗顔後の方が良かった気がしました。

 

ところで、日本製と海外製では、何やら違うそうですから、いつかは日本製を試してみたいです。

が、ちょっと高くて、いつかは・・・という感じです。

 

とはいえ、海外製のジェニフィックも美容液としては良い美容液!

キメが整って肌をやわらかく明るくしてくれます。

 

このジェニフィックの使い方なんですが・・・

私は最初間違えてしまいました。

 

実は、ジェニフィックアドバンストを使う前は、アドバンストナイトリペアを使っていました。

最初、アドバンストナイトリペアの癖がついていて、手の平で美容液を温めてマッサージして肌になじませてしまいました。

すると・・・

なんだか肌に透明感が出なくておかしい?!

前回はキメが整っていたのにと思っていたら・・・

 

使い方を間違えていたんです!

癖って困ったものです。

使い方を間違えれば効果も半減ですよ。

 

ジェニフィックアドバンストの使い方は、適量を肌になじませるだけです。

手で温めたり肌の上でマッサージしたりはしません。

美容液には、それぞれ最適な使い方があります。

気をつけて使いましょう。

合わせて読みたい記事

◆肌に透明感がでて、肌力を底上げしてくれる美容液といえばこちら。ヒト型セラミドとアミノ酸類で肌のバリア機能を高めてふっくらハリのある肌へ導いてくれます。

『エトヴォス モイスチャライジングセラム』で敏感肌をうるおうふっくら肌に導く 敏感肌や肌がゆらぎがちな人、肌荒れしやすい人は、肌のバリア機能が低下しているといわれています。 肌のバリア機能が低下してし...

この美容液は化粧水の後なので、ジェニフィックアドバンストと併用も可能です。

 

◆こちらはエイジングケアがこれ1つに凝縮。ハリとツヤのある肌に導いてくれます。

【シグナリフト】をレビュー!先端科学を取り入れたエイジングケアで再びハリ肌を目指す 加齢の影響で、肌には様々な影響がでてきます。 ハリの低下、開き毛穴、肌のたるみ、シミ、シワなど色々気になることはあるけれど...

ブースター・化粧水・美容液の機能が凝縮している高機能美容液です。時短美容液なので、忙しい日も手を抜きたくない時はこちらを。

 

◆ツヤをだしたい時は、メイクでもひと工夫すると効果的。

パウダーなのにしっとり。もっと輝やくツヤ肌へ【オンリーミネラル モイストファンデーション】 今期、オンリーミネラルのモイストファンデーションが新しく生まれ変わりました。 ツヤ感が通常よりもアップし、さらに上質な肌に...

ミネラルファンデーションは、ツヤを出してくれるパウダーです。ファンデーションとしてだけでなく、フェイスパウダーとして使うのがおすすめ。

ABOUT ME
さつき
美容ブロガーのさつきです。乾燥・敏感肌の1978年生まれ。肌荒れしやすい肌なので、スキンケアには人一倍気を使っています。使って良かったものなど美容情報をお届けしています。